大和物流/京都に3拠点目、久御山町に2.4万m2の物流施設着工

2021年02月01日 

大和物流は2月1日、京都府久世郡久御山町において物流施設「(仮称)久御山物流センターⅡ」を着工したと発表した。

<完成予想図>
20210201daiwab1 520x318 - 大和物流/京都に3拠点目、久御山町に2.4万m2の物流施設着工

<位置図>
20210201daiwab2 520x354 - 大和物流/京都に3拠点目、久御山町に2.4万m2の物流施設着工

大和物流は京都エリアでの物流基盤をさらに強化するため、2018年 7月には「久御山物流センター」、2020年8月には「京都物流センター」を稼働開始した。そしてこのたび、同エリアでのさらなる物流需要の増加を見据え、「(仮称)久御山物流センターⅡ」を開発する運びとなったもの。

このセンターは、第二京阪道路「久御山南インターチェンジ」から約2km、京滋バイパス「巨椋インターチェンジ」から約5kmに位置し、関西の主要都市へのアクセスが良好な物流適地に開発。さらに、2023年度に全線開通が予定されている新名神高速道路の「八幡京田辺IC」へも約6.5kmとアクセス可能であるため、関西圏のみならず東西広域への配送拠点として、さらなる交通利便性の向上が見込まれている。

施設仕様では、効率的な入出荷作業を実現する多層階の物流倉庫としている。施設面では、屋内トラックバースを採用することで、上階層の保管可能面積を広く確保するとともに、天候に左右されない入出荷業務を行うことができる。搬送設備としては、4層の倉庫内に貨物用エレベーターと垂直搬送機をそれぞれ3基設置し、効率的な貨物の搬送を可能にする。

また、このセンターは、2万4501.50m2の延床面積を誇る物流施設のため、分散された企業の物流拠点集約にも対応できる。「久御山物流センター」、「京都物流センター」と、京都エリアの3施設合計で約4万9500m2(1万5000坪)の物流スペースを確保することで、繁閑による在庫量の増減への対応や、車両や人員の連携による安定的な施設運営、顧客へのソリューション提案を展開していくとしている。

なお、このセンターは、交通利便性と充実した施設仕様を活かし、関西エリアに拠点を置くメーカーや流通業者向けに、効率的な保管・輸配送拠点として運営する。

■概要
名称: 大和物流「(仮称)久御山物流センターⅡ」
所在地: 京都府久世郡久御山町林高黒 1 番 1、林八幡講 27 番 9
敷地面積:1万2233.97m2
延床面積:2万4501.50m2
構造・規模:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造 地上5階建(倉庫4層) 低床式
床荷重:2.0t/㎡
搬送設備:貨物用エレベーター3 基(3.6t:1 基、4.6t:2 基)
     垂直搬送機3基(1.8t)
アクセス:第二京阪道路「久御山南IC」から約2km
     京滋バイパス「巨椋IC」から約 5km
最寄り駅:近鉄京都線「大久保」駅から約1.5㎞
着工:2021年2月1日
竣工:2022年1月末予定
稼働:2022年2月予定

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集