ヤマト運輸/デジタルキー活用で「置き配」実用実験へ

2021年02月24日 

ヤマト運輸は2月24日、ECを利用する顧客のさらなる受け取り利便性向上に向け、オートロックマンションに居住する顧客に、安心な自宅前などの置き配を提供する、デジタルキーを活用した新機能を「EAZY」に追加すると発表した。

<システムフロー図>
20210224yamato 520x246 - ヤマト運輸/デジタルキー活用で「置き配」実用実験へ

複数社のデジタルキーを一つのシステム上で管理し、より多くのマンションの居住者が利用できるよう、今後デジタルキーを開発するパートナーとの連携を進め、各地で実用実験を実施する。

ヤマトグループは、2020年6月24日にEC事業者向けの配送商品「EAZY」を発売し、対面にくわえ、自宅前などの置き配に対応するとともに、配達直前まで受け取り場所の変更が可能など、顧客の受け取り利便性向上に取り組んでいる。

一方で、オートロックマンションでの受け取りの場合、置き配での受け取りを希望しても、宅配 BOXの数が限られている、本人が不在のためオートロックが解錠できず、お届けできないといった課題があった。さらに、セキュリティの観点から、居住者以外の人が安易にマンション内に入れることに対する不安の声も多くあることから、同社はこれらを社会課題と捉え、行政やパートナーと連携し解決に向け取り組んできた。

今回、オートロックマンションでも置き配など多様化する受け取りニーズに応えるため、複数社のデジタルキーを同時に管理できるマルチデジタルキープラットフォームを開発し、配達情報と連動した、デジタルキーによるオートロックの解錠が可能なセキュリティの高い新機能を「EAZY」に追加するもの。

具体的な機能は、該当するマンションの居住者が EAZY 利用時に「対面」ではなく、玄関ドア前などの「置き配」を指定すると、配達する EAZY CREW が持つ専用アプリに、エントランスのオートロック解錠に必要なワンタイムパスワードが発行される。それぞれの配達情報ごとにオートロック解錠に必要なワンタイムパスワードが発行されるため高いセキュリティを実現する。

実用化に向け、3月上旬から東京都内において複数のデジタルキーを対象に実験を開始し、2021年度中に全国約 1万棟での展開を進める。また、自宅に設置する宅配BOXなどのデジタルキー化にも対応するため、パートナーとのさらなる連携を図る。

今後、実用実験を進め、複数社が提供するデジタルキーとの連携を行い、早期の全国展開を進めるとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集