NEC/AI×WMSでフリーロケーション倉庫の効率化支援

2021年02月24日 

NECネクサソリューションズは、AIによる出荷頻度予測データとWMSとを連携し、フリーロケーション倉庫での入庫推奨場所を提示する物流ソリューションの提供を開始した。

物流業界では人材不足が深刻化しており、入庫場所選定など勘と経験に頼って属人化しがちな業務の見直しが課題となっている。

このソリューションでは、過去の入出荷実績データをAIに分析・学習させ、アイテム毎の出荷頻度予測をデータ化。データとWMSとを連携し、最適な入庫場所を提示することで、入出庫作業時間の短縮や在庫移動回数削減など庫内業務の効率化を目指す。

<イメージ画像>
20210224nec 520x282 - NEC/AI×WMSでフリーロケーション倉庫の効率化支援

AI予測精度は取扱アイテムの特性によって変動するため、顧客毎に実データを使用した実証実験を行い実用性を確認した上での本番導入となる。

このほか、顧客の課題に合わせて業務分析からAIや先進技術の活用の検討検証、システム設計~構築、運用支援までNECネクサソリューションズがワンストップでサポートする。

■資料ダウンロードはこちら
https://www.nec-nexs.com/sl/logistics/warehouse.html

■問い合わせ
NECネクサソリューションズ
MAIL:smp_logi@nexs.nec.co.jp

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集