SGHグローバル/台湾向け越境ECサービスの提供を開始

2021年02月24日 

SGHグローバル・ジャパンは2月24日、台湾最大のECモール運営会社であるPChomeグループ傘下の比比昂(bibian)と、2月4日、台湾への販売と物流が一体化したサービス「BBチェックアウト」の提供を目的とした覚書を締結し、日本企業に向けた同サービスの提供を開始したと発表した。

<左から比比昂の羅薇琳(Lo Wei-Ling)社長とSGHグローパンの小山 彰 社長(SGHグローバル・ジャパン本社で行われた協定書署名の様子)>
20210224sggj1 520x253 - SGHグローバル/台湾向け越境ECサービスの提供を開始

<左から網家跨境服務 羅弘奕(Lo Hung-YI)副総経理 PChome網路家庭 蔡凱文(Tsai Kai-Wen)執行長 PChome網路家庭 Jan Hung-Tze董事長 新瑞佐川急便 李正義総経理、三宅 博副総経理(台湾での記者発表会の様子)>
20210224sggj2 520x356 - SGHグローバル/台湾向け越境ECサービスの提供を開始

PChomeグループが運営する「PChomeオンライン」の会員数は1200万人を超え、注文後24時間以内に届けるショッピングサイトや、オークションサイト、電子決済などのサービスを提供する台湾最大規模のECモール。

このほど、傘下であるbibianは台湾の消費者が手軽に日本の商品を購入することが可能になる新サービス、「BBチェックアウト」を開設したもの。

「BBチェックアウト」で購入した商品の日本から台湾までの輸送はSGHグローバル・ジャパンが担う。また台湾向けの越境ECを検討されている日本企業に「BBチェックアウト」を活用した販売支援を行っていく。

これまでは、日本や米国のモール型ECサイトなどの代理購入先を通すことで、配送まで時間がかかっていたが、「BBチェックアウト」を利用することで手続きが簡素化でき、届くまでのリードタイムを短縮することが可能になる。

SGHグローバル・ジャパンは、これからも日本企業が海外進出する際に抱える言語・決済・プロモ―ション等の支援を行い、顧客への最適なソリューションを提供していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集