セーラー万年筆/広島県呉市の広島工場敷地内に新工場建設

2021年03月05日 

セーラー万年筆は3月5日、検討を進めていた広島県呉市の広島工場敷地内に新工場棟の建設を正式決定したと発表した。

<新工場完成予想図>
20210305sairer 520x253 - セーラー万年筆/広島県呉市の広島工場敷地内に新工場建設

現在の文具事業部広島工場の工場棟については、竣工から70年以上経過した建物もあり老朽化が進んでいる。また、2018年7月に発生した西日本豪雨時に広範囲にわたり浸水し、操業が3週間停止した。

このような状況から、2020年に発行した第三者割当による第1回無担保転換社債型新株予約権付社債の資金などをもとに、自然災害に対する防災、従業員の働く環境の改善、生産性の向上、研究開発の強化を目的として、敷地内に分散している17棟のうち、12棟を集約した新たな工場
棟を建設することとしたもの。

■新工場棟の概要
所在地:広島県呉市
(現広島工場敷地内)
延床面積:約4800m2
構造:鉄骨造 地上2階建て
投資額:約16億8000万円
着工予定時期:2021年11月
竣工予定時期:2022年7月

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集