JCRファーマ/神戸市に新型コロナワクチン原液の新工場

2021年03月05日 

JCRファーマは3月4日、神戸市西区の神戸サイエンスパークに新型コロナウイスルワクチン原液の新工場を建設すると発表した。

<新工場完成予想図>
20210305jcr 520x266 - JCRファーマ/神戸市に新型コロナワクチン原液の新工場

総工費は116億円。神戸市から取得した2万m2の用地に製造棟と事務棟を建設し、2022年10月の竣工を目指す。

新工場では、アストラゼネカから業務受託している新型コロナウイルスワクチンの原液製造を行う。

同ワクチンの製造については、アストラゼネカが厚生労働省「令和2年度ワクチン生産体制等緊急整備事業」として採択されており、JCRファーマは既存工場を整備し、同ワクチン原液の受託製造に対応している。

同事業の公募要項には、少なくとも2030年3月末まではワクチン等を製造できる体制を確保することが要件となっていることから、新工場の建設を決定した。

■新工場の概要
建設地:神戸市西区(神戸サイエンスパーク内)
用途:工場用地
敷地面積:1万9991.17m2
建物:製造棟(地上1階建)、事務棟(地上3階建て)
総工費:116億円
着工:2021年7月予定
竣工:2022年10月予定

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集