ANA、武田薬品など/VTOL型ドローンで医薬品スピード配送

2021年03月10日 

ANAホールディングスは3月10日、武田薬品工業、長崎大学などど、長崎県五島市で固定翼VTOL型ドローンによる処方箋医薬品配送の実証実験を実施すると発表した。

<Wingcopter社製固定翼VTOL型ドローン>
20210310ana 520x314 - ANA、武田薬品など/VTOL型ドローンで医薬品スピード配送

<飛行ルート>
20210310ana1 520x310 - ANA、武田薬品など/VTOL型ドローンで医薬品スピード配送

実証実験では、Wingcopter社製のドローンが長崎県五島市福江島港エリアから久賀島内陸部の診療所まで片道16kmを飛行し、処方箋医薬品を搬送する。

シナリオは、オンライン診療での自宅配送と、医薬品卸から医療機関への緊急配送の2パターンを実施。通常は定期船と陸路で45分程度かかる行程を、VTOL型ドローンによって10分で移動する。これにより、通院が困難な離島での地域医療課題解決を目指す。

■実証実験概要
実験期間:3月22~26日
飛行区間:長崎県五島市福江島港~久賀島(片道約16km)
実施者:ANAホールディングス、武田薬品工業、長崎大学、五島市
協力者:NTTドコモ、SkyLink Japan、インテグリティ・ヘルスケア、東七、藤村薬品

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集