ZMP/物流支援ロボットにパレット自動整列機能搭載

2021年03月18日 
関連キーワード:

ZMPは3月18日、物流支援ロボット「CarriRo AD+(パレット積載タイプ)」にパレットの自動整列機能を搭載し、4月から提供を開始すると発表した。

CarriRo AD+(パレット積載タイプ)はパレット搬送に特化したロボットで、専用の台車に潜り込むことでパレットを自動搬送し、任意の場所で台車と自動で離脱する。

従来、パレット台車の離脱は、後方から入り前方に抜けるという動作であったため、パレット台車の前方に常にスペースが必要となり、狭いスペースでパレットを整列させることが困難だった。

今回搭載した新機能では、パレット台車の着脱時にバックで抜けることもできるようになり、壁際など省スペースでのパレット整列が可能になった。また、前進もしくは後進の後に、任意の距離で方向転換等の一連のアクションも設定できるため、より柔軟な動きに対応が可能になっている。

さらに、クラウドサービス「ROBO-HI」のシナリオ設定機能を活用することで、特定の複数の場所にパレットを整列させることも可能。これらの機能を組み合わせることで、フォークリフトによるパレットの横移動を無くし、必要なフォークリフトの台数や作業者を削減することができる。

 

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集