タカミヤ/制振ブレースが野村不動産の大型物流施設に採用

2021年03月30日 

仮設機材メーカーのタカミヤは3月30日、座屈拘束(制振)ブレース「オクトブレース」が、野村不動産の大型物流施設「(仮称)Landport上尾」に採用されたと発表した。

<オクトブレースを採用した(仮称)Landport上尾>
20210330takamiya 520x389 - タカミヤ/制振ブレースが野村不動産の大型物流施設に採用

<オクトブレース>
20210330takamiya1 520x390 - タカミヤ/制振ブレースが野村不動産の大型物流施設に採用

オクトブレースは、ブレース材となる鋼製の芯材をアルミニウム製の拘束菅で束ねた制振ブレースで、軽量かつ施工が容易な点などが特長。工場や病院、多目的アリーナなどでの実績はあるが、大型物流施設での採用は今回が初となる。

「(仮称)Landport上尾」は、野村不動産が埼玉県上尾市で建設中(2021年11月)の延床面積5万7000m2の鉄骨造物流施設。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集