大和ハウス/群馬県藤岡市に2.3万m2のマルチ型物流施設着工

2021年04月13日 

大和ハウス工業は4月13日、群馬県藤岡市において、マルチテナント型物流施設「DPL群馬藤岡」を4月15日から着工すると発表した。

<「DPL群馬藤岡」外観パース>
20210413daiwa1 520x261 - 大和ハウス/群馬県藤岡市に2.3万m2のマルチ型物流施設着工

<鳥瞰パース>
20210413daiwa2 520x307 - 大和ハウス/群馬県藤岡市に2.3万m2のマルチ型物流施設着工

総事業費は約40億円、竣工は2021年12月23日を予定している。

「DPL群馬藤岡」のポイントは、最大4テナント入居可能で、テナント企業様の様々なニーズに対応可能な点。鉄骨造平屋建て、延床面積2万3746m2の広さを誇るマルチテナント型物流施設で最大4テナントの入居が可能だ。約4700m2の区画から入居できる。

また、各区画で事務所を利用できるなど、テナント企業の様々なニーズに対応することができる。

<「DPL群馬藤岡」周辺地図>
20210413daiwa3 520x365 - 大和ハウス/群馬県藤岡市に2.3万m2のマルチ型物流施設着工

立地面では、交通アクセスに優れた好立地となっている。インターネット通販事業者や小売業者、関東および甲信越方面への配送を手掛ける事業者等、複数のテナント企業の入居を想定したマルチテナント型物流施設として、昨今の物流業界での市場環境の変化に伴った幅広い物流ニーズに応えることができる。

また、「DPL群馬藤岡」は、上信越自動車道「藤岡IC」より約1.8km(約3分)、 関越自動車道と上信越自動車道を接続する「藤岡ジャンクション」と近接しているため、 関東甲信越方面等の広範囲の配送に適した立地となっている。

■概要
名称:「DPL群馬藤岡」
所在地:群馬県藤岡市森新田669-1
交通:上信越自動車道「藤岡IC」より約1.8km
敷地面積:3万3758m2
建築面積:2万3746m2
延床面積:2万3746m2
賃貸面積:2万2520m2
構造・規模:鉄骨造平屋建て
建物用途:マルチテナント型物流施設
事業主:大和ハウス工業
設計・施工:日本国土開発
着工:2021年4月15日
竣工:2021年12月23日(予定)
入居:2022年1月(予定)
総事業費:約40億円

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集