中央自動車倉庫/群馬・藤岡IC西産業団地に倉庫建設

2021年05月06日 

群馬県は4月26日、同県藤岡市の藤岡インターチェンジ西産業団地に中央自動車倉庫が進出すると発表した。

中央自動車倉庫は同団地の土地2万1000m2を取得。事業規模の拡大に対応し、新たな倉庫の建設を予定している。

倉庫の延床面積は検討中のため未定。建設スケジュールは、現時点で6月の着工、2022年6月の操業開始を予定している。

同社は関越道、上信越道、北関東道の各所に倉庫群を展開しており、交通アクセスの優位性など良好な立地環境を評価して同団地へ進出した。

■中央自動車倉庫の立地計画
立地場所:藤岡インターチェンジ西産業団地内
土地面積:2万1246.82m2
分譲契約日:4月26日
着工:2021年6月(予定)
操業開始:2022年6月(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集