澁澤倉庫/+AのRaaS活用、ロボット×人の融合型業務フロー構築

2021年05月10日 

澁澤倉庫は5月10日、プラスオートメーション(+A)と共同で、物量波動への適切な対応を可能とするロボットとマンパワーを融合したハイブリッド型業務フローを構築し、千葉県松戸市の松戸営業所に導入したと発表した。

<+AがRaaSで提供するソーティングロボットシステム「t-Sort」>
20210510shibusawa 520x417 - 澁澤倉庫/+AのRaaS活用、ロボット×人の融合型業務フロー構築

20210510shibusawa1 520x423 - 澁澤倉庫/+AのRaaS活用、ロボット×人の融合型業務フロー構築

+Aが提供するRaaS(Robotics as a Service)によって、ソーティングロボットシステム「t-Sort」を導入。澁澤倉庫のWMS(倉庫マネジメントシステム)と+Aの庫内実行システム「+Hub」を連携し、限られたスペースで効率的にB2BおよびB2C業務への対応を可能にした。

松戸営業所では、少量多品種商品を中心にさまざまな荷主へ物流サービスを提供しており、これまで業務プロセス改善やテクノロジー等を活用した効率的なロケーション運営、作業の可視化による荷役作業の効率化等、物流サービスの高度化に取組んできた。

今回、+Aのt-Sortを活用したRaaSは、アパレル商品の出荷業務に加えてシーズン入替時返品等の一時的な大量仕分け作業などでも効果を発揮。

澁澤倉庫では、今後も先進テクノロジーと現場力の融合をさらに推進するとともに、ロボットとマンパワーを融合したハイブリッド型業務フローの他拠点への展開を進めていくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集