ロジランド/大阪府東大阪市で1.6万m2の物流施設の開発着手

2021年05月14日 

ロジランドは5月14日、大阪府東大阪市で大型物流施設「LOGI LAND東大阪」の開発に着手したと発表した。

ロジランドが開発する案件では関西エリア第1号物件となる。着工は4月15日の予定。

<「LOGI LAND東大阪」外観完成イメージ>
20210512logiland 520x250 - ロジランド/大阪府東大阪市で1.6万m2の物流施設の開発着手

「LOGI LAND東大阪」は阪神高速東大阪道「水走」I.Cより約2.1㎞と、I.C及び東大阪トラックターミナル至近で物流拠点としての立地に優れており、また周辺には住宅地も多く、従業員の雇用に有利な立地となっている。

これまでの敷地は出入口が1か所のみで、前面道路の幅員がやや狭く、大型車の運用に懸念があったため、出入口を新設し道路拡幅整備を行う事で幹線道路からの大型車がスムーズにアクセス可能な物流施設となった。

「LOGI LAND東大阪」は、既に入居企業が決定しており、原材料、製品、商品などの輸配送と、それに伴う保管、荷役、包装、流通加工、情報管理などを一括して受託する3PLを主たる事業として展開する大手物流会社のSBSロジコムと、一棟貸しの賃貸借予約契約を締結している。

なお、ロジランドのコンセプトの一つである、テナントに寄り添った使い勝手の良い物流施設を最適地・適性賃料で、関東、関西、中部、九州を中心に約5000~1万坪の中規模の開発を年間300億円程度手掛けていく方針だ。

■「LOGI LAND東大阪」物件概要
所在地:大阪府東大阪市布市町一丁目33番2、36番
アクセス:阪神高速東大阪道「水走」I.Cより約2.1km
 近鉄けいはんな線「新石切」駅より徒歩21分
敷地面積:8278m2
延床面積:1万6337m2
構造:RCS造
規模:地上4階建
着工:2021年4月15日
竣工予定:2022年6月15日
設計・施工:西松建設

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集