カネカ/原料費・物流費等上昇で塩化ビニル樹脂値上げ

2021年05月20日 
関連キーワード:

カネカは5月20日、塩化ビニル樹脂の販売価格を改定すると発表した。

6月15日出荷分から現行価格に対し1kg当たり10円以上の値上げを実施する。対象は、汎用塩化ビニル樹脂のほか、塩化ビニルペースト樹脂を含む特殊塩化ビニル樹脂の全品種。

同社は今年3月にも価格改定を実施したが、その後も国産ナフサ価格が上昇。くわえて、ユーティリティーコストや物流費、設備維持・補修などメンテナンス費用も増加しており、顧客への安定供給責務を果たすため価格改定が必要と判断した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集