かもめや/離島エリアでのドローン物流長期定期航路8月開設

2021年06月03日 

かもめやは6月3日、香川県三豊市本土と粟島を結ぶドローン物流航路を2021年8月(予定)に開設すると発表した。

<使用する「純国産」ドローン>
20210603kamome1 520x375 - かもめや/離島エリアでのドローン物流長期定期航路8月開設

<航路のイメージ>
20210603kamomeya2 520x281 - かもめや/離島エリアでのドローン物流長期定期航路8月開設

期限を設けた実証実験とは異なり、長期定期航路としての運用を開始する。ドローンが瀬戸内海を越えて、島の住民に荷物を届けることになる。海を越える長期定期航路は世界初とのこと。

このドローン航路は、香川県三豊市と瀬戸内海に浮かぶ離島の粟島(あわしま)」の間を運行する。 運行距離は往復約8kmで、原則毎日運航する(悪天候時には運行を休止する場合がある)。

サービスの利用イメージは、1.午前中に粟島の人々が欲しい商品を注文、2.同日の午後、ドローンが本土を出発し、粟島に着陸。着陸後は自動で荷物を切り離し、自動で本土に帰還。 3.粟島に到着した荷物は、島側のスタッフが自宅まで届ける(予定)。

ドローンはこれまで日本各地で多数のドローン物流実績のある「純国産」の産業用ドローンを採用し、安全・安心の運航を実現するとしている。

なお、粟島は、香川県三豊市の詫間港の北西4.5kmの海上に浮かぶ島。 現在の粟島は、昭和62年に90年続いてきた国立粟島海員学校が閉鎖され、それに伴って過疎化が進行中。しかし四季を通じてのおだやかで温暖な気候と、豊かな自然に包まれ、島の活性化に向けての島民の熱意は熱いものがあるという。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集