物流連/第22回物流環境大賞、大賞はベイシア等7社連名案件

2021年06月07日 

日本物流団体連合会は6月7日、第22回物流環境大賞の受賞者を決定したと発表した。

「物流環境大賞」は、ベイシア、河村商事、日本アクセス、関東デイリー、南日本運輸倉庫、ケーツー、昌和商事の7社連名案件が受賞した。

7社は、1都14県で店舗ごとに行っていた空ダンボールの回収について、回収拠点を5か所に集約することで大幅なCO2排出量削減を実現。また、輸送に6輪カート用の被覆材を使用し、一度の回収量を大幅に増加している。

今回の物流環境大賞では、近年の応募状況等を踏まえ、部門賞の名称変更や応募対象の拡大、大賞以外の各賞の位置付けの明確化を図ることとし、3つの部門賞(低炭素物流推進賞・サステナブル活動賞・先進技術賞)を大賞の次点として位置付ける等、表彰規定を一部改正してから初の表彰となる。

大賞以外の各賞では「低炭素物流推進賞」にランテックなど2件、「サステナブル活動賞」にユーピーアールと東レなど2件、「先進技術賞」にプロロジスなど2件、「日本物流記者会賞」に浪速運送、「特別賞」にSK-II滋賀工場(ピー・アンド・ジー)と濃飛倉庫運輸など18件を選定した。

■第22回物流環境大賞 表彰受賞者の概要
「物流環境大賞」
被表彰者:ベイシア、河村商事、日本アクセス、関東デイリー、南日本運輸倉庫、ケーツー、昌和商事
功績事項:特許技術による6輪カートでの効率的な往復運用

「低炭素物流推進賞」(2件)
被表彰者:ランテック
功績事項:セミトレーラーを活用した海上モーダルシフトによるドライバー不足と環境負荷低減の取り組み

被表彰者:メディセオ、日本貨物鉄道、日本フレートライナー、日本石油輸送
功績事項:物流センター間(埼玉ALC~東北ALC)の在庫移送をトラック輸送から鉄道コンテナ輸送へのモーダルシフト

「サステナブル活動賞」(2件)
被表彰者:ランテック
功績事項:ランテックによる冷凍・冷蔵物流におけるCO2排出量の削減取り組み

被表彰者:ユーピーアール、東レ
功績事項:アクティブRFIDタグ搭載スマートパレットの活用による物流の生産性向上

「先進技術賞」(2件)
被表彰者:プロロジス
功績事項:IoT技術を活用した環境負荷低減の取組

被表彰者:日立物流
功績事項:スマートウエアハウス(EC物流向けシェアリング自動倉庫)運営による環境負荷低減

「日本物流記者会賞」
被表彰者:浪速運送
功績事項:ハンガー物流推進による、ファッション業界サプライチェーン全体の環境保全と経済効果実現の両立

「特別賞」(18件)
被表彰者:SK-II滋賀工場(ピー・アンド・ジー)、濃飛倉庫運輸
功績事項:31f鉄道コンテナへの「モーダルシフト」「往復共同利用」「混載化」の取組み(関西~関東)
ほか

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集