楽天/EC需要増で東京・大阪など計4か所に物流センター新設

2021年06月15日 

楽天グループは6月15日、福岡県糟屋郡、大阪府八尾市、神奈川県大和市、東京都八王子市の計4か所に物流センターを新設すると発表した。

<Rakuten Fulfillment Center Fukuoka(仮)>
20210615rakuten 520x292 - 楽天/EC需要増で東京・大阪など計4か所に物流センター新設

楽天は、「楽天市場」出店者向けの総合物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」の物流センターを千葉県流山市と習志野市、大阪府枚方市で運営している。

また、千葉県市川市、兵庫県川西市、神奈川県横浜市と相模原市では、「楽天ブックス」「Rakuten Fashion」「楽天24」「楽天西友ネットスーパー」といった直販サービスの物流センターを運営している。

今回新設を発表した4か所の物流センターは、「新しい生活様式」の浸透によるECの需要拡大に伴い、既存物流センターの稼働率が上昇することを想定して開設するもの。

このうち、福岡県糟屋郡のと大阪府八尾市の拠点は、日本GLPが開発する大型物流施設を1棟借りして開設する計画で、それぞれ2023年までに稼働を開始する予定となっている。

なお、これらの物流センターを含む物流拠点の運営などを担う楽天の物流事業は、7月1日付で楽天と日本郵便が共同で出資・運営するJP楽天ロジスティクスへ承継される予定。

■施設概要
「Rakuten Fulfillment Center Fukuoka(仮)」
物件名:GLP福岡粕屋
所在地:福岡県糟屋郡粕屋町大字上大隈字部木原758
アクセス:JR篠栗線「門松駅」徒歩20分、九州自動車道「福岡IC」1.5km
階数:地上4階建
延床面積:約4万1000m2
稼動開始:2023年内(予定)

「 Rakuten Fulfillment Center Yao(仮)」
物件名:GLP八尾I
所在地:大阪府八尾市郡川1-107
アクセス:近鉄大阪線「高安駅」徒歩12分、近畿自動車道「八尾IC」「東大阪南IC」約4km
階数:地上4階建
延床面積:約5万4000m2
稼動開始:2023年内(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集