三井倉庫HD/埼玉県加須市で2.3万m2のⅡ期物流施設竣工

2021年06月21日 

三井倉庫ホールディングスは6月21日、埼玉県加須市で稼働中の関東P&Mセンターの同一敷地内にⅡ期施設(B 棟)が竣工したと発表した。

<関東P&MセンターⅡ期施設(B 棟)外観>
20210621mitsuisoko1 520x304 - 三井倉庫HD/埼玉県加須市で2.3万m2のⅡ期物流施設竣工

<関東P&MセンターⅡ期施設(B 棟)内観>
20210621mitsuisoko2 520x311 - 三井倉庫HD/埼玉県加須市で2.3万m2のⅡ期物流施設竣工

竣工に伴い、医療技術のグローバルリーダーであるベクトン・ディッキンソンの日本法人、日本ベクトン・ディッキンソンと、そのグループ企業であるメディコンの国内物流を一元管理する新たな東日本拠点として、7月より順次稼働する。

三井倉庫が手がける両社の流通管理の一元化プロジェクトとしては、既に稼動済みの西日本、首都圏(羽田)に続く3拠点目となり、今回の東日本拠点の稼動によって拠点再編は完了することになる。

同社では、この施設の運営についても既出2拠点と同一の品質管理基準に則った付加価値の高い物流サービスを提供していくとともに、CO2削減や省人化等のESG観点でのサステナブルなサービスの構築にも取り組んでいく。

開設するこの拠点では、1.環境負荷、災害対策にも配慮した様々な設備の導入、2.流通過程で必要となる流通加工(包装・表示)の受託体制の整備に加え、3.東北自動車道と首都圏中央連絡自動車道に至近な立地を活かした輸配送の合理化等、流通業務の効率化を積極的に推進することにより「物流総合効率化法」の認定を取得している。

なお、竣工した 関東P&MセンターⅡ期施設は、関東P&MセンターB棟となり、同敷地内で2015年9月より稼働中の第Ⅰ期施設は、関東P&MセンターA棟、と呼称する。

■概要
名称:関東P&MセンターB棟
住所:埼玉県加須市芋茎 1248-12
規模:地上4階建(倉庫3層)、延床面積 約 2万3580m2
特徴:全館温度管理(冷蔵2-8℃、常温15-25℃、室温1-30℃)
全館入室管理(IC カード認証)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集