野村不動産/楽天1棟借り、東京都八王子市で物流施設着工

2021年06月21日 

野村不動産は6月21日、東京都八王子市で「Landport多摩」の地鎮祭を行い建設に着手したと発表した。

<Landport多摩完成予想図>
20210621nomura 520x292 - 野村不動産/楽天1棟借り、東京都八王子市で物流施設着工

Landport多摩は高機能型物流施設「Landport」シリーズの27棟目、八王子市内ではLandport八王子I・IIに次ぐ3棟目の物件となる。施設規模は敷地面積5万m2、地上2階建て延床面積5万m2で、2022年6月の完成を予定している。

マルチテナント型物流施設として開発する物件だが、楽天グループによる1棟借りが決定しており、同社と着工前から協議を重ねたうえで施設計画を構想。容積率を余剰し2層構造としたことに加え、ノンブレース工法の採用で倉庫1階を全面シャッターとすることで、物流効率化が図れる施設設計計画とした。

ワンフロアあたりの床面積は2万3000m2を確保しており、1階には大型車40台分のトラックバースを整備。また、衛生器具や換気の見直し、乗用エレベーターの非接触対応といったwithコロナ対応を行い、安心した運営をサポート。敷地内へのEV充電ステーション(2台分)設置や庫内照明制御システムの採用など、環境にも配慮する。

<周辺図>
20210621nomura1 - 野村不動産/楽天1棟借り、東京都八王子市で物流施設着工

国道16号と至近で、圏央道「相模原IC」と中央自動車道「八王子IC」も利用可能。JR横浜線・京王線「橋本駅」からは徒歩圏で、Landport多摩方面へのバス便も豊富に運行しているほか、半径3km圏内の生産労働人口(15~64歳)が12万3000人超と、人材雇用面でも優位性を備えている。

なお、同施設の運営を含む楽天の物流事業については、2021年7月に日本郵便と楽天が共同で出資・運営するJP楽天ロジスティクスに承継される予定。

■Landport多摩の概要
建設地:東京都八王子市鑓水2-108-4
アクセス:JR横浜線・京王線「橋本駅」1.8km
圏央道「相模原IC」8.5km、中央道「八王子IC」11.3km
敷地面積:4万9452.25m2
階数:2階建て
延床面積:5万m2
施設形式:マルチテナント型
接車バース:40台
着工:2021年5月
竣工:2022年6月(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集