中国日通/山東省済南市に事務所を新設、6月1日から営業開始

2021年06月21日 

日本通運の現地法人日通国際物流(中国)は6月21日、山東省済南市に事務所を新設し、6月1日から営業を開始したと発表した。

<山東省済南市の位置>
20210621nittsuc1 520x267 - 中国日通/山東省済南市に事務所を新設、6月1日から営業開始

<シンポジウムの様子>
20210621nittsuc2 520x341 - 中国日通/山東省済南市に事務所を新設、6月1日から営業開始

<中国日通済南事務所>
20210621nittsuc3 520x391 - 中国日通/山東省済南市に事務所を新設、6月1日から営業開始

山東省は中国国内第2位の人口約1億人を有し、2020年の成長率は、3.6%、2021年は、6%以上を目標としている経済成長が著しいエリア。省都である済南市は、IT関連、医療医薬、重機産業の集積地であり、各産業別に応じた物流サービスの構築が求められていた。

5月26日には開所式を執り行うとともに、地元政府、物流関係者とともにシンポジウムを開催し、済南エリアでの同社の事業展開や、中欧班列(中国と欧州を結ぶ貨物鉄道サービス)への取り組み等を紹介した。

中国日通は、済南市に初めて事務所を新設した日系物流企業として、それぞれの輸送モード(海運、航空、鉄道、自動車)に応じたフォワーディングサービスおよびロジスティクスサービス(保税倉庫、一般倉庫、国内輸送)を推進するとともに、日本・韓国とも近い山東省というロケーションを活かし、海運、航空と鉄道輸送を組み合わせた複合輸送サービスの開発も進めていく。

■事務所概要
名称 :日通国際物流(中国) 青島支店 済南事務所
所在地:山東省済南市高新区舜華路 2666 号 漢峪金融商務中心 2 区 1号館405室
■業務内容
フォワーディングサービス(海運・航空・陸送・鉄道)の取次業務
ロジスティクスサービス(保税倉庫、一般倉庫、国内輸送)の取次業務
山東省内陸エリアにおける営業活動
複合輸送サービスの開発

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集