日立物流ソフト/物流DXセミナー、勤怠シフト管理システム紹介

2021年06月21日 

日立物流ソフトウェアは7月13日、物流・SCM部門やIT部門の担当者向けにWebセミナーを開催する。

日立物流ソフトウェアは、2021年度におけるWebセミナーのテーマを「日立物流ソフトウェア『ONEsLOGI』から始める物流DX」とし、同社のワンストップ・ソリューション「ONEsLOGI」と協創パートナーとのシナジーや、日立物流グループのDXソリューションを活用したサプライチェーンのデジタル化など、いくつかのテーマに分けて複数回開催する予定。

今回は、作業員のシフト作成・勤怠管理を行い、作業漏れがないシフトの作成や、労務コスト計算が容易にできる「ONEsLOGI/勤怠シフト管理システム」を中心に紹介する。

同システムは、物流センター管理システム「ONEsLOGI/WMS」、作業可視化・分析システム「ONEsLOGI/アナリティクス」との連携が可能で、生産性の見える化や分析によって人員の適材適所への配置や省力・省人化を実現することができる。

■開催概要
タイトル:日立物流ソフトウェア「ONEsLOGI」から始める物流DX
シーズン2 第1回「意外に見逃している!勤怠シフト管理と作業の見える化で生産性UP!」
日時:7月13日(火)16:00~16:30
形式:オンラインセミナー
参加費:無料(事前登録制)
申込期限:7月12日(月) 17:00
定員:50名 ※定員になり次第締切
対象:物流・SCM部門など物流業務に携わる方、または、当該のテーマに課題・関心のあるIT部門の方

■詳細・申込
https://www.hitachi-hbsoft.co.jp/news/20210614.html

■プログラム
1.「ONEsLOGI/勤怠シフト管理システム」のご紹介

2.物流センター管理システム「ONEsLOGI/WMS」と作業可視化・分析システム「ONEsLOGI/アナリティクス」との連携、生産性の見える化・分析方法のご紹介

■問い合わせ
日立物流ソフトウェア 営業本部 営業企画部 営業企画グループ
TEL:03-5634-7296

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集