パナソニック等/ETC2.0活用した運行管理サービスを年内提供

2021年06月29日 

スマートドライブとパナソニックは6月29日、ETC2.0システムを活⽤した物流車両の運行管理サービスを2021年内に試験提供すると発表した。

<ETC2.0システムを活⽤したサービスのイメージ>
20210629panasonic 520x235 - パナソニック等/ETC2.0活用した運行管理サービスを年内提供

両社は6月16日に共同実証契約を締結し、物流車両を利用する企業向けにETC2.0システムを活用した運行管理サービスを提供することを目指し、共同実証を開始した。

共同実証では、ETC2.0システムを活⽤した運行管理サービスを試験的に提供し、技術や事業⾯での検証を実施。⾼価なデバイスを新たに購⼊することなく利⽤可能な運行管理サービスを実現し、中⼩規模の物流業者でもコストを抑えた物流⾞両の運行管理を可能とすることで、物流業界全体の業務効率化の後押しを目指す。

運行管理サービスは、スマートドライブの多種多様な業種業態のモビリティデータを利活⽤したサービス「Mobility Data Platform」などで培った知⾒と、パナソニックのハードウェア開発とETC2.0データ活⽤に関する知⾒を掛け合わせ、使いやすいUI、活⽤しやすいUXをベースとしたサービスとし、主に物流業界に向けて2021年内の実証サービス提供を目指す。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集