ギークプラス/三菱倉庫のEC物流センターに自動搬送ロボット

2021年07月05日 
関連キーワード:

ギークプラスは7月5日、同社が提供する自動棚搬送ロボット(AMR)である「EVE P500R」が、 三菱倉庫のEC向け物流センター「SharE Center misato」に採用されたと発表した。

<自動棚搬送ロボットEVE P500R>
20210705geek 520x293 - ギークプラス/三菱倉庫のEC物流センターに自動搬送ロボット

<製品紹介動画>

同物流センターへの「EVE P500R」の導入にあたり、 ギークプラスは、物流センター構築支援を行うフジテックスと連携した。

三菱倉庫は昨今のEC市場の拡大に伴う物流需要の高まりに対応するため、埼玉県三郷市にECに特化した物流センター「SharE Center misato」を開設。三菱倉庫は、EC事業者の多様な物流ニーズへの対応と生産性の向上、省人化を目的としてSharE Center misatoに「EVE P500R」50台を導入した。SharE Center misatoは7月1日にオープンし、導入された50台も同日から稼働を開始している。

EVE P500Rは、「人」が仕分け作業を行うピッキングエリアに「AIロボット」が棚を運び、「人」に代わって商品を探し運搬することで、商品のピッキングに掛かる時間を大幅に削減することが出来る。またEVE P500Rは、クラウド型在庫管理システムのリーディングカンパニーであるロジザードの提供するクラウド倉庫管理システム(WMS)「ロジザードZERO」と標準連携しており、様々な物流ニーズへの対応が可能だ。

ギークプラスは、フジテックスとともにSharE Center misatoの稼働準備をサポートしてきた。

なお、ギークプラスは、中国で2015年に創業。既にグローバルで200社 / 1万台以上の自動棚搬送ロボット(AMR)の導入に成功し、世界シェア首位のユニコーン企業となっている。日本法人は2017年に設立され、既に大和ハウスやNIKEなど、大手物流プレイヤーに相次いで導入され、国内でも最大手の地位を確立。物流ロボットの販売、導入、24時間365日対応のメンテナンス、生産性改善コンサルティングまで、一貫して日本で実施することで、物流プレイヤーの企業価値向上に貢献している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集