LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

物流博物館/7月マンスリー上映会は「新しい包装」など3本

2021年07月05日/CSR

物流博物館は7月25日、2021年度第4回マンスリー上映会を開催する。

<昭和30年代半ば頃から進展した包装革命の様子を描く「新しい包装」>
20210705butsuryuhakubutsukan 520x390 - 物流博物館/7月マンスリー上映会は「新しい包装」など3本

上映作品は、「新しい包装」(1964年/19分/カラー/製作:岩波映画製作所/企画:日本通運)、「アフリカ10,000キロ」(1966年/29分/カラー/製作:JETRO撮影班/企画:日本通運)、「日通伊豆富士見ランド」(1966年/14分/カラー/製作:日東エージェント・東北新社/企画:日本通運)の計3本。

「新しい包装」は、昭和30年代半ば頃から進展した新しい包装のあり方について紹介した作品。包装の近代化や標準化によって包装費や運送費が節減できることを強調しており、さまざまな実例を挙げながら、当時進行しつつあった包装革命の実際の様子を丁寧に描いている。

「アフリカ10,000キロ」は、日本貿易振興会(ジェトロ)が主催する東アフリカ巡回展示広報事業の記録。24台の車両での3か月半に及ぶ、新興アフリカ諸国への日本商品紹介のキャラバンの様子を描く。

「日通伊豆富士見ランド」は、日本通運が開発した東洋一の総合レジャータウン「日通伊豆富士見ランド」のPR用作品。

■開催概要
日時:7月25日(日) 10:30~11:50、14:00~15:20 ※上記作品を1日2回上映
場所:物流博物館(東京都港区高輪4-7-15、TEL03-3280-1616)
アクセス:「品川駅」高輪口、都営浅草線「高輪台駅」から徒歩7分
定員:各回15名 ※要電話予約(名前・住所・電話番号が必要)
料金:無料 ※要別途入館料。高校生以上200円・65歳以上100円・中学生以下無料

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催が変更となる可能性もあります。あらかじめ館の公式サイト・電話などでご確認ください。
http://www.lmuse.or.jp/

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース