ESR/神奈川県茅ヶ崎市で6.9万m2の「ESR茅ヶ崎DC」竣工

2021年07月06日 

ESRは7月6日、神奈川県茅ヶ崎市で建設を進めていたマルチテナント型物流施設「ESR茅ヶ崎ディストリビューションセンター(DC)」を6月30日に竣工したと発表した。

<茅ヶ崎DC>
20210706esr 520x346 - ESR/神奈川県茅ヶ崎市で6.9万m2の「ESR茅ヶ崎DC」竣工

<圏央道(写真右)と至近の立地>
20210706esr1 520x356 - ESR/神奈川県茅ヶ崎市で6.9万m2の「ESR茅ヶ崎DC」竣工

茅ヶ崎DCの施設規模は、敷地面積3万4000m2、地上4階建て延床面積6万9000m2。最新スペックを備えた汎用性の高い物流施設で、竣工ベースでESRとして全国で24件目、神奈川県内で3件目の物件となる。

茅ヶ崎DCは住宅街に面することから、外壁は爽やかな白をベースに、低層部には3色のブルーのパネルで海を表現するなど、周辺環境にも配慮し茅ヶ崎の地域性を取り入れたデザインを採用した。

<周辺図>
20210706esr2 520x292 - ESR/神奈川県茅ヶ崎市で6.9万m2の「ESR茅ヶ崎DC」竣工

圏央道の「寒川南IC」と至近で、新東名、東名、新湘南バイパスの連結点にも近く、首都圏全域や東海・関西地方への配送が可能。特に、小売業界や増大の一途をたどるECの高いニーズに対応できる物流拠点として好立地にある。

今後は、2025年に圏央道・横浜環状南線(戸塚IC~栄JCT~釜利谷JCT)が開通し、横浜横須賀道路と「並木IC」で首都高湾岸線にも直結するため、横浜港からのアクセス向上も見込まれている。

最寄り駅はJR東海道本線「茅ヶ崎駅」とJR相模線「寒川駅」「香川駅」の2路線3駅。路線バスも複数運行しており、茅ヶ崎市周辺や湘南エリアから労働力の確保が容易となっている。付近には飲食店やコンビニ、スーパーなどの商業施設が多く立地しており、人材定着の向上にも寄与できる立地。

<トラックが3階まで直接アクセスできるスロープを設置>
20210706esr3 520x346 - ESR/神奈川県茅ヶ崎市で6.9万m2の「ESR茅ヶ崎DC」竣工

<トラックバース>
20210706esr4 520x346 - ESR/神奈川県茅ヶ崎市で6.9万m2の「ESR茅ヶ崎DC」竣工

建物は4階建ての耐震構造、倉庫は1-2階、3-4階のメゾネット仕様で、最小8910m2の区画から最大6テナントに分割可能。

トラックはスロープで3階まで直接アクセスでき、1階は両面設計で計38台、3階は片面設計で24台のトラックバースを整備。トラックバースの奥行きは13.5m確保し、ドックレベラーを各区画1基(計6基)設置した。

<倉庫スペース>
20210706esr5 520x270 - ESR/神奈川県茅ヶ崎市で6.9万m2の「ESR茅ヶ崎DC」竣工

倉庫部分は1-2階、3-4階の各区画に荷物用エレベーター2基・垂直搬送機1基を設置し、床荷重1.5トン/m2、倉庫の梁下有効高は5.5m、柱ピッチは間口11m×奥行11mとするなど、物流運営の効率性と汎用性を重視した。

道路からの車両動線は入口・出口を分け一方通行とし、敷地内にトラック待機場20台を確保することで、安全に配慮した効率的な入出庫オペレーションを実現している。

<4階の休憩ラウンジ>
20210706esr6 520x270 - ESR/神奈川県茅ヶ崎市で6.9万m2の「ESR茅ヶ崎DC」竣工

<1階エレベーターホールには湘南の海を描いた壁画>
20210706esr7 520x346 - ESR/神奈川県茅ヶ崎市で6.9万m2の「ESR茅ヶ崎DC」竣工

施設内にはESRの基本理念「HUMAN CENTRIC DESIGN.(人を中心に考えたデザイン)」に基づき、従業員が快適に過ごせるよう、4階に休憩ラウンジを設置。ラウンジの窓が茅ヶ崎海岸に向いていることから、床と窓側の壁面はモノトーンで窓から見える景色を引き立たせ、南からの陽光が差し込む反対の壁面は海水浴場に見られる色とりどりの景色をイメージしたデザインで、茅ヶ崎らしさを表現している。

敷地内には普通自動車164台、駐輪場61台のスペースを確保しており、通勤の利便性をサポートする。

そのほか、茅ヶ崎DCでは環境に配慮した取り組みとして、「CASBEE」Aランク認証の取得、全館LED照明や環境配慮型照明システムの導入、断熱性能の高い外壁パネルの採用などを実施。

BCP対策では、非常用自家発電機を完備し、停電時でも防災センターやトイレ、一部の荷物用エレベーターを使用できるようにしたほか、社内に施設運営・管理を専任するプロパティマネジメントチームが24時間有人管理し、安心・安全な施設環境を提供する。

茅ヶ崎DCについて、ESRのスチュアート・ギブソン代表は「物流効率性の高い設計で環境にも十分配慮しており、持続可能で高性能な物流施設が完成した。従業員に快適で安全な職場環境を提供し、近隣住民にとっても緊急災害時に避難場所として役立つ施設となると確信している。今後は茅ヶ崎市の新たな雇用創出など、地域経済の活性化にも寄与していく」とコメントしている。

■ESR茅ヶ崎ディストリビューションセンター概要
所在地:神奈川県茅ヶ崎市萩園字上ノ前地区土地区画整理事業1街区1-1
敷地面積:3万3870m2
延床面積:6万9315m2
構造:地上4階建 S造 耐震構造
用途地域:準工業地域
工期:2020年5月1日~2021年6月30日
総投資額:160億円
企画設計・マスタープラン:ESR(武田 諭・田郷岡 成紀)
設計:上野山都市設計・東急建設JV
施工:東急・小島建設JV
アクセス:【車】圏央道「寒川南IC」1km、新東名「厚木南IC」8km
【電車】JR「茅ヶ崎駅」3.3km、JR「寒川駅」2.0km
【バス】神奈川中央交通 「上の前」下車4分、「萩園第一公園前」下車5分

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集