京王電鉄/高速バス・トラック&鉄道で新宿へ農産物配送

2021年07月21日 

京王電鉄は7月21日、鉄道を活用した農産物配送の実証実験を実施すると発表した。

<配送方法>
20210721keio 520x137 - 京王電鉄/高速バス・トラック&鉄道で新宿へ農産物配送

実証実験では、飛騨高山から農産物を高速バスやトラックに積載し、グループ会社である京王運輸の世田谷営業所まで輸送。同営業所の最寄り駅である京王線「八幡山駅」から午前10時台の各駅停車新宿行きで京王線「新宿駅」へ1日1回配送し、駅構内にある観光案内所「中部地方インフォメーションプラザ in 京王新宿」で販売する。

実施期間は、7月27日~2022年3月31日の火曜日から土曜日まで(お盆・年末年始等の一部期間を除く)。1日あたり段ボール(120サイズ)6箱程度の配送を予定している。

<京王線車両>
20210721keio1 520x345 - 京王電鉄/高速バス・トラック&鉄道で新宿へ農産物配送

<鉄道輸送時は、京王線5000系車両をモデルにしたカバーを台車に装着する>
20210721keio2 - 京王電鉄/高速バス・トラック&鉄道で新宿へ農産物配送

実証実験では、京王グループの「高速バス」「鉄道」という既存の公共交通インフラを活用することで、配送に伴う環境負荷の低減を図るとともに、鉄道を利用することで都心部の道路混雑の影響を回避し、商品配送の定時性・速達性確保にもつなげる。

京王電鉄は今回の実証実験の検証を踏まえて、農産物以外の商品配送や顧客の生活利便性向上に資する新たなサービスの検討につなげていく考え。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集