ヤマトHD/東南アジアのEC支援サービス事業者へ出資

2021年07月26日 

ヤマトホールディングスは7月26日、コーポレートベンチャーキャピタルファンド(CVCファンド)の「KURONEKO Innovation Fund」を通じて、東南アジアでECサイトの構築・運営やフルフィルメントサービスを手がけるiStore iSendに出資を実行したと発表した。

iStore iSendは、マレーシア・シンガポールを中心に、ECサイト構築・運営から受注管理、倉庫作業、配送までを自社システムで統合・管理しており、さまざまなマーケットプレイスへのアクセス、豊富な物流企業とのネットワーク、ユーザーフレンドリーなUX等に強みを持つ企業。現在、30以上の外資系日用消費財ブランドや、300の現地D2C(Direct to Consumer)ブランドと取引している。

今回、「KURONEKO Innovation Fund」のポートフォリオに同社を組み入れることで、急拡大するアジアのEC市場で新たな価値提供の実現に向けた検討を進めていくとしている。

「KURONEKO Innovation Fund」は、独立系ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレインと共同で2020年4月に設立。物流・サプライチェーンの革新的な技術やビジネスモデルを有するスタートアップ企業、ヤマトグループとの協業が見込めるスタートアップ企業を対象に出資を実行している。

■iStore iSend概要
設立:2015年11月
本社所在地:シンガポール
事業内容:ECイネーブリング・フルフィルメントサービス

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集