日本GLP/千葉県八千代市で4.9万m2のあらた専用の物流施設着工

2021年08月04日 

日本GLPは8月4日、千葉県八千代市で延床面積約4万9000m2の先進的物流施設「GLP 八千代Ⅳ」を同日着工したと発表した。

<「GLP 八千代Ⅳ」外観完成イメージ>
20210804glp 520x288 - 日本GLP/千葉県八千代市で4.9万m2のあらた専用の物流施設着工

「GLP 八千代Ⅳ」は大手日用品卸企業である「あらた」との間で、1棟全体の賃貸借契約を締結している。2022年10月に竣工を予定している。

今回の開発では、日本GLPが今までに培った開発の知見を活かし、同場所にてすでに運営中のあらたのオペレーションを止めることなく新築工事を行い、効率的なビジネス拡大の機会を提供する。

施設面の特徴としては、倉庫内保管エリアはブレースのない構造とし、全面的な自動マテハン設備の設置に対応するほか、自動倉庫向けエリアをあらかじめ設定し、最新技術を用いた高度な物流オペレーションを可能にする。また、危険物専用倉庫を隣接させることで、多様な保管ニーズへの対応を可能としている。

「GLP 八千代Ⅳ」は、東関東自動車道「千葉北IC」から約9.9kmで、物流拠点としてのアクセスに優れている。また、近隣が住宅地であることに加え、東葉高速鉄道「八千代中央駅」からも近く、施設付近にはバス停もあるため通勤がしやすく、雇用の確保が期待できる。

八千代市では既に「GLP 八千代・八千代II・八千代III」の3棟の施設が稼働しているが、八千代市は今後も引き続き人口の増加が見込まれる点や、下総台地の安定した地盤上に位置し、地震に対して地盤が強固であるとともに、ハザードマップにおいて液状化や浸水の想定外地域であり、防災面でも優れた物流適地と言える。また、「GLP 八千代III」ではコミュニティセンターを併設し、八千代市と協定を結ぶことで地域活性にも貢献している。

日本GLPの帖佐 義之社長は、「開発の早期の段階であらた社に『GLP八千代Ⅳ』への入居を決定してもらい、大変うれしく思っている。あらた社の拡大する業務の物流オペレーションのさらなる効率化を実現し、物流拠点としての機能および価値の向上を通して、物流インフラのサステナビリティを支えていく」と述べている。

■施設概要
施設名:「GLP 八千代Ⅳ」
所在地:千葉県八千代市大和田新田
敷地面積:約2万2000m2
延床面積:約4万9000m2
構造:地上4階建、耐震S造
着工:2021年8月
竣工:2022年10月(予定)
認証取得:CASBEE(新築)認証(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集