+A/ZOZOの物流拠点に大規模仕分けロボットシステム提供

2021年08月19日 

RaaS(Robotics as a Service)を提供するプラスオートメーション(+A)は8月19日、ZOZOの大規模物流拠点「ZOZOBASE習志野1」に、大規模2段式ソーティングロボットシステム「t-Sort」を2ユニット、ロボット台数にして280台の導入を完了したと発表した。

<走行ステージを2段化。空間を有効活用し、高い処理能力を実現>
20210819plusa 520x294 - +A/ZOZOの物流拠点に大規模仕分けロボットシステム提供

今回のt-Sort導入ではロボット走行ステージを2段化することにより、限られた防火区画内のスペース(1ユニットあたり400m2の)を有効活用し、インダクション数とシュート数を従来の1段式から倍増させることで、単位面積あたりの処理能力数を大幅に向上させた。

当初は50台の中規模運用からスタートし、人とロボットとが協働しながら大量の商品を効率的に仕分けるオペレーションや、大量データ処理に耐え得るシステム構成について検証・改善を積み重ね、280台という世界最大級のロボットシステムの本稼働を約3か月という短期間で実現した。

<ロボット140台、使用面積400m2のユニットを計2基運用>
20210819plusa1 520x464 - +A/ZOZOの物流拠点に大規模仕分けロボットシステム提供

現在は、+Aが独自開発した庫内実行システム「+Hub」を提供することで、より直感的なロボット操作を実現している。「+Hub」では、作業進捗確認や実績の可視化等も可能なことから、今後も+Aは該当作業工程のオペレーション改善を重ねていくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集