東芝ES/CCUSの一貫実証拠点・サプライチェーン構築事業に採択

2021年09月10日 

東芝エネルギーシステムズと、石炭フロンティア機構を含む13法人は9月10日、環境省が公募する「環境配慮型CCUS一貫実証拠点・サプライチェーン構築事業」の「輸送・貯留等技術実証」に応募し、採択されたと発表した。

<CCUSサプライチェーンの一般的イメージ>
20210910toshibaes 520x240 - 東芝ES/CCUSの一貫実証拠点・サプライチェーン構築事業に採択

また、同社は「液体吸収剤による分離回収技術実証」へ単独応募し、採択された。これにより、同社は、2021年度から2025年度まで、火力発電所から排出される排ガスからCO2を分離回収する実証、及びCO2を液化・圧縮する設備を建設・運転する実証を行う。同社はCO2の分離回収から液化圧縮までCCUSのサプライチェーン構築に幅広く貢献するとしている。

CCUS(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage)とは、プラントから排出されるCO2を分離、回収、利用、貯留する技術。

同社は、2016年度よりCO2の分離回収に関し、環境省の実証事業の委託を受けた。グループ会社であるシグマパワー有明の三川発電所(福岡県大牟田市・出力50,000kW)から1日に排出されるCO2の50%以上にあたる600トン以上のCO2を分離回収する設備を建設し、2020年11月から2021年3月まで実証運転を行った。

なお、この設備は、バイオマス発電所から排出されるCO2を分離・回収する世界初の大規模CCS対応設備(BECCS対応設備)となる。今回採択された「液体吸収剤による分離回収技術実証」では、この設備の運転を引き続き行い、CO2の回収性能や安定性、及びCO2の分離回収に使用されるアミン系吸収液の大気へ排出されるアミン成分量の削減手段について更なる評価検証を行っていく。

今回新たに採択された「輸送・貯留等技術実証」では、同社はCO2の液化・圧縮設備の建設・運転を担当し、同設備を三川発電所の隣接地に建設する。また、同実証では石炭フロンティア機構が委託を受けている港湾設備建設事業が並行して進められる予定だ。

今回の実証事業全般を通じ、三川発電所から排出されたCO2は、CO2分離回収実証設備により、排ガスから分離され、パイプラインを通じ液化・圧縮設備に運ばれる。その後、圧縮し、低温下で液化して、その後港湾設備に送られる。

実証全般を通じ、CO2の回収、液化・圧縮、船舶への積み込みと海上輸送といったCCUSのトータルシステムの実現に向けた動きを加速していく。

今回の実証において同社は、CO2分離回収および液化圧縮を担当し、CCUSのサプライチェーン構築に幅広く貢献するとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集