東京建物/神奈川内陸に物流施設2棟建設、外装デザイン統一

2021年09月13日 

東京建物は9月13日、神奈川県の相模原市南区と高座郡寒川町にマルチテナント型物流施設「(仮称)T-LOGI相模原」と「(仮称)T-LOGI寒川」の開発用地を取得したと発表した。

<「(仮称)T-LOGI相模原」位置図>
20210913tokyotatemono 520x365 - 東京建物/神奈川内陸に物流施設2棟建設、外装デザイン統一

「(仮称)T-LOGI相模原」の施設規模は延床面積9万3730m2。今後、2025年夏の施設竣工を目指して開発を進める。

建設地は、神奈川県の主要幹線道路の1つである国道129号(厚相バイパス)に隣接するとともに、圏央道「相模原愛川IC」まで2kmに位置している。周辺には工場や倉庫などの産業集積が見られ、住宅も集積しているため、雇用確保にも優れた立地となっている。

<「(仮称)T-LOGI寒川」位置図>
20210913tokyotatemono1 520x377 - 東京建物/神奈川内陸に物流施設2棟建設、外装デザイン統一

「(仮称)T-LOGI寒川」の施設規模は延床面積2万6960m2。今後、2024年秋の施設竣工を目指して開発を進める。

建設地は、圏央道「寒川北IC」「海老名IC」、東名高速道路「厚木南IC」など、首都圏の主要な高速道路のインターチェンジが利用でき、2021年3月に開通した東名高速道路「綾瀬スマートIC」も利用可能。周辺は工場や倉庫などの産業集積が見られる工業専用地域で、24時間稼働を前提としたオペレーションにも適した立地となっている。

<「T-LOGI」シリーズの新外装デザイン例(画像はT-LOGI横浜青葉)>
20210913tokyotatemono4 520x344 - 東京建物/神奈川内陸に物流施設2棟建設、外装デザイン統一

また、東京建物は今後の「T-LOGI」シリーズについて、環境配慮型物流施設(ZEB物流)の開発に取り組む方針。施設に太陽光パネルを設置するほか、発電した電気を一般電気事業者の送配電ネットワークで別の施設等に送電する「自己託送」の仕組みを導入する。

さらに、施設の外装も新たなデザインに統一し、各施設共通の表情を創出させ、東京建物が手掛ける物流施設を想起させることを目指す。

統一デザインは、建物外装の色合いを黒、グレー、白色を基調としてグラデーションを施し、シンプルでスタイリッシュなものとする予定で、グラデーションは、「物流業界の加速拡大する疾走感とモノの動き」と、「マルチテナント型物流施設の可変性と適応力」を表現している。

新たな外装デザインは、日本通運による一括借り上げが決定している「(仮称)T-LOGI横浜青葉」(2022年1月竣工)から順次採用していく。

■施設開発概要
「(仮称)T-LOGI相模原」
建設地:相模原市南区当麻字花ヶ谷戸、同市中央区田名字花ヶ谷戸(枝番未定)
交通:圏央道「相模原愛川IC」2km、JR相模原線「原当麻駅」徒歩18分
敷地面積:4万6866m2(予定)
延床面積:9万3730m2(予定)
構造規模:未定
用途:倉庫・事務所
着工時期:未定
竣工時期:2025年夏(予定)

「(仮称)T-LOGI寒川」
建設地:神奈川県高座郡寒川町倉見1802ー1他(地番)
交通:圏央道「寒川北IC」6.2km、「海老名IC」9.5km、東名高速道路「厚木南IC」8.2km、「綾瀬スマートIC」8.6km
敷地面積:1万8617m2
延床面積:2万6960m2
構造規模:未定
用途:倉庫・事務所
着工時期:未定
竣工時期:2024年秋(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集