三菱ふそう/豪州郵便公社が電気小型トラック20台を導入

2021年09月17日 

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は9月17日、オーストラリア郵便公社(Australia Post)が電気小型トラック「eCanter」を2021年10月に20台導入すると発表した。

<オーストラリア郵便公社の電気小型トラック「eCanter」>
20210917mftbc 520x341 - 三菱ふそう/豪州郵便公社が電気小型トラック20台を導入

オーストラリア郵便公社は、オーストラリア国内で電気小型トラック「eCanter」を導入する初の顧客となる。納車されたeCanterは今後、日々の郵便配送業務に活用する。オーストラリア全土で郵便サービスを提供している国営企業のオーストラリア郵便公社は、現在3000台以上の電気自動車を運用しており、同国内で最大規模の電気自動車オペレーターとなっている。同社は2025年までにCO2排出量において2019年比15%削減を実現するという目標を掲げており、「eCanter」はこのビジョン実現に貢献することが期待される。

同社に納車された「eCanter」は、オーストラリア国内の主要都市を走行し、小包配達業務に活用する。また、企業向けに速達配送サービスを提供しているオーストラリア郵便公社の子会社スタートラック(StarTrack)社でも「eCanter」が運用される。「eCanter」を導入したオーストラリアの顧客は今後、現地のふそう販売ネットワークに加え、メルセデス・ベンツやフレイトライナーなどの商用車ブランドの輸入・販売を統括するダイムラー・トラック&バス・オーストラリアのe-モビリティーチームによりサポートされる。

オーストラリア市場向けの「eCanter」は、ポルトガルのトラマガル工場から完成車として輸出し、現在日本及び欧州で販売されているモデルと同じ標準仕様を備えた最新型となる。都市環境における安全運転をサポートするために、車両安定性制御装置「Electronic Stability Program: ESP」に加え、衝突被害軽減ブレーキ「Advanced Emergency Braking System: AEBS」や車線逸脱警報装置「Lane Departure Warning System: LDWS」といった先進安全機能を装備している。また、現地で最大積載量での試験走行を6か月にわたり実施したことで、オーストラリア国内の環境への適合性も厳格に検査している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集