オカムラ/パレット品の高密度保管システムを発売

2021年09月17日 

オカムラは9月16日、パレット品の高密度保管を実現するパレットストレージシステム「CYBISTOR(サイビスター)」の新モデルとして開発した「CYBISTOR II(サイビスター2)」を9月から発売すると発表した。

<サイビスター2イメージ>
20210917okamura 520x287 - オカムラ/パレット品の高密度保管システムを発売

<シャトル>
20210917okamura1 520x215 - オカムラ/パレット品の高密度保管システムを発売

「サイビスター2」は、前後左右に走行するシャトル(搬送台車)とリフター(上下昇降装置)を組み合わせることにより、パレット品の高密度保管、荷繰り作業の完全自動化を実現する。

シャトルはリフターで他の段に移動できるため、各段に専用のシャトルを配置する必要がなく、最低限の台数で運用を開始できる。バッテリー残量が少なくなったシャトルはラック内に設置した非接触充電装置で自動充電するため、24時間無人での運用も可能。一般的なパレットラックに比べてパレット品の格納効率が約2倍に向上し、高密度保管が可能なことから、ロット単位で保管物を管理する現場や、食品・飲料品、日用品、原材料など少品種大量保管の業種・業態での利用を見込んでいる。

■主な仕様
「システム仕様」
対応パレットサイズ:1100W×900L、1100W×1100L、1100W×1200L(mm)
最大積載質量:1000kg/パレット

「シャトル仕様」
シャトル外形寸法:930W×1485L×180H(mm)
最高速度(空荷):前後90m/分、左右50m/分
最高速度(在荷):前後60m/分、左右30m/分
バッテリー:リチウムイオンバッテリー
最大連続稼働時間:5時間(1000kg 在荷連続走行)
充電時間:1時間(最大消費後充電)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集