日本郵便/集団感染の佐世保郵便局、正常化は9月27日頃

2021年09月17日 

日本郵便 九州支社は9月17日、新型コロナウイルスのクラスター感染が発生している佐世保郵便局(長崎県佐世保市)について、現在の状況を公表した。

佐世保郵便局では、9月6日から通常郵便物の配達に遅延が発生するとともに、同地域宛のゆうパックなどの引受を休止しており、9月17日時点で14人の陽性者、62人の濃厚接触者が確認されている。

同局管内の郵便物の配達は、九州支社および近隣の郵便局から約100名の従業員を派遣することで継続しているが、9月16日時点で約10万通が未配達となっており、通常の配達日数から4日程度の遅れが生じている状況だ。

そのため、今後は日曜・祝日の配達実施や、応援体制の増強等で可能な限り早期の回復を目指す方針。9月21日からは自宅待機となっている佐世保郵便局の配達を担当する社員74名が出勤し、通常の体制での配達が始まる予定で、配達の遅延も9月27日頃には正常化を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集