LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

プロロジス/米国主要6都市で物流業務の教育訓練プログラムを開講

2021年09月29日/国際

プロロジスは9月29日、「コミュニティ・ワークフォース・イニシアティブ」(CWI)の教育プログラムの提供対象を、米国の主要6都市に拡充、これにより、物流分野で仕事を探す求職者にさらなる教育機会を提供すると発表した。

「コミュニティ・ワークフォース・イニシアティブ」(CWI)は、優秀な人材の確保・雇用継続が困難になりつつある物流業界の課題を受けて、2018 年に開始した取り組みであり、求職者にトレーニングと就職支援を提供する。JFFとともに立ち上げたオンラインの教育訓練プログラムは、労働者に不可欠なスキルや、配送・物流業界におけるベストプラクティスについて教育を行う。就職支援のため、CWIは地域のワークフォース・デベロップメント・ボード(労働力発展開発委員会)や就労支援プログラムとも連携し、求職者が雇用機会やキャリアガイダンス、就労支援を受けられるようサポートしている。

プロロジスCWIは、米国の労働力・教育システムの変革を推進する非営利組織JFF(Jobs for the Future)と協働し、今後2年間で、ダラス(テキサス州)、トレイシー(カリフォルニア州)、ロングビーチ(カリフォルニア州)、シカゴ(イリノイ州)、ラスベガス(ネバダ州)、アトランタ(ジョージア州)の6都市において、運輸・配送・物流分野のトレーニングを1万人に提供する。

また、2021年末までに、米国の9つの主要物流マーケットにおいてあらたにプログラムの提供を開始する。この取り組みは、プロロジス CWIが掲げる「2025年までに2万5000人のトレーニングを実施する」という目標に沿ったものである。

米国労働統計局によると、配送・物流における雇用は、2022年に162万人(コロナ禍以前の 2019年比で29%増)に達するとしている。運輸、物流施設・倉庫および関連業種では、2031年までにさらに約73万5000の新規雇用が見込まれている。

プロロジスの教育訓練プログラムはオンラインで提供されており、求職者から高い支持を得ている。完全モバイル対応で、最新のテクノロジーを取り入れたカリキュラムであり、コロナ禍以降、数千人がアクセスした。さらに、全米各地の地元の非営利組織と連携することで、より効果的により多くの求職者を支援することができる。

プロロジスのハミード R. モガダム会長兼CEOは「すぐに働けるようなスキルのある人材は、当社のカスタマーの間でもかつてないほど需要が高まっている。需要が高く充実したキャリアにつながるスキルの習得をサポートすることは、労働者、雇用主、地域コミュニティにとって有益。このプログラムは、キャリア機会を創出するだけにととまらず、当社が事業を展開する地域コミュニティを強くするとともに、物流業界が健全で回復力を持った産業であり続けるよう長期的に支えることができる」と述べた。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

国際に関する最新ニュース

最新ニュース