JP楽天ロジ/山岳エリアで補助員なしのドローン配送に成功

2021年09月30日 

日本郵便と楽天グループの合弁会社であるJP楽天ロジスティクスは9月30日、白馬村山岳ドローン物流実用化協議会が長野県白馬村の山岳エリアで8~9月にかけて行ったドローンを活用した物資配送の実証実験に参加し、配送ソリューションを提供したと発表した。

実証実験では、白馬岳の登山口にある宿舎から山頂にある宿舎までの往復約10km、高低差約 1600mを配送ルートとして、ドローンの往復飛行による物資配送の検証。ドローン配送のパイロット任務や運航管理を担う地元事業者の育成・支援を通じて、地元事業者を主体とした配送オペレーションの運用体制を確立した。

また、2020年に白馬村で行った実証実験では7人の補助員を配置し、10人以上で運用していたところ、今回の実証実験では補助員を配置せず、2人体制の運用でドローン配送に成功し、運用体制の省人化を実現。

さらに、新機体を用いることで機体性能の向上を図り、最大7kgの物資の配送に成功したほか、航空法に基づく許可承認のもと、安全性が高くエネルギー効率の良い、高度1m以下からの物件投下による配送を行い、前回の実証実験では実施できなかった往復飛行での配送を実現した。

補助者を配置しない目視外飛行での物件投下による往復配送の実現は、今回の実証実験が国内初の事例となる。

■実証実験の概要
実施期間:8~9月までの約2か月間
配送ルート: 「猿倉荘」(標高1250m)~白馬岳頂上宿舎(標高2730m)~「白馬山荘」(標高2832m)
飛行距離:往復約10km、高低差約1600m
配送物資:生鮮食品、飲料、医療物資他(最大7kg)
運営主体:白馬村山岳ドローン物流実用化協議会
ソリューション提供:JP 楽天ロジスティクス
実行:地元事業者

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集