日本GLP/沖縄県第 1 棟目、県下大手物流会社専用施設を着工

2021年10月08日 

日本GLPは10月8日、沖縄県浦添市で延床面積約 6万2000m2の先進的物流施設「GLP 沖縄浦添」を着工したと発表した。

<「GLP 沖縄浦添」外観完成イメージ>
20211008glp1 520x295 - 日本GLP/沖縄県第 1 棟目、県下大手物流会社専用施設を着工

「GLP 沖縄浦添」は、シンバホールディングス傘下で沖縄県下最大規模の物流会社である「あんしん」が専用施設として一棟全体を利用し、2023年2月の竣工を予定している。

日本 GLP の沖縄県での第 1 棟目となる「GLP 沖縄浦添」は、県内最大規模の物流施設として、あんしんと協働で開発を進めてきた。日本 GLP の物流施設開発・運営でのリーディングカンパニーとしてのこれまでの実績やノウハウが評価され、あんしんがかねてより推進してきた「あんしん沖縄ロジスティックゲートウェイ構想(仮称)」の基幹施設として「GLP 沖縄浦添」を活用する予定だ。また、日本 GLP は今回の沖縄県初進出を契機に、沖縄エリアにおいても荷物保管や輸配送における困りごとなど、物流に関連する課題解決を幅広くサポートしていく。

「GLP 沖縄浦添」は、沖縄県の物流の玄関口である那覇市に隣接する浦添市に立地し、浦添北道路・臨港道路浦添線の開通により物流施設に適したエリアとして注目されている。重要港湾の那覇港から約 8km、那覇空港からは約11.5km と物流拠点として優れたアクセスを有し、県内の広域配送拠点に最適な立地。

施設面の特徴としては、3 階へのスロープを設けることで、2 フロア(1-2 階、3-4 階)での効率的なオペレーションを可能にするとともに、バースの設置階である 1・3 階はブレースのない構造とすることで、搬入出業務の効率化をはかる。

また、あんしんの取り扱う様々な荷物に対応するため、重量物や大型パレットに耐えうる床荷重に設定し、垂直搬送機や貨物専用エレベーターの設置により縦搬送能力を強化している。就労環境への配慮としては、カフェテリアの整備など、快適性の向上を図る。

BCP対策としては、非常用発電機および電気室を上層階に設置するなど、万一の高潮などへの備えも万全にしている。また、防錆や強風対策など気候風土に合わせた設計を行い、施設の高い継続使用性を確保し、あんしんの業務の継続に寄与するとしている。

<あんしんの安里会長>
20211008glp2 520x394 - 日本GLP/沖縄県第 1 棟目、県下大手物流会社専用施設を着工

あんしん代表取締役会長の安里 享英氏は、「日本有数の物流不動産デベロッパーである日本GLPを沖縄県に誘致し、先進的物流施設である『GLP 沖縄浦添』が予定通り着工できたことを、非常に喜んでいる。島嶼県である沖縄の特殊性と、その生命線である那覇港に近接した『GLP 沖縄浦添』は、沖縄でビジネスをするあらゆる顧客のお役立ちに貢献できるものと確信している。新型コロナウイルス感染症や SDGs 等により、「物流」がエッセンシャルサービスに位置づけられていることも踏まえて、高品質な物流サービスの提供という社会的使命を全うする覚悟」と述べている。

■施設概要
施設名:「GLP 沖縄浦添」
所在地:沖縄県浦添市牧港 5
敷地面積:約 2万9000m2
延床面積:約 6万2000m2
構造:地上 4 階/耐震・鉄骨造
着工:2021年10月
竣工:2023年2月(予定)
認証取得:CASBEE(新築)認証(予定)、ZEB 認証(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集