日本郵船/同社LNG船に初のインドネシア人船長誕生

2021年10月14日 

日本郵船は10月14日、同社グループの船舶管理会社であるエヌワイケイ・シップマネジメント社が、同社グループが運航している液化天然ガス運搬船(LNG船)では初となるインドネシア人船長としてアセップ・クルニアワン(Asep Dadang Kurniawan)を10月8日付で登用したと発表した。

<アセップ・クルニアワン船長>
20211014nyk 1 520x363 - 日本郵船/同社LNG船に初のインドネシア人船長誕生

アセップ・クルニアワン船長は「NYKグループで勤務するインドネシア人として初めてLNG船の船長に登用いただいた事に感謝。安全運航達成のため、船長としての責任をもって業務に取り組み、最善を尽くしていく。NYKグループには今後もインドネシア人船員のサポートを続けて頂きたい」とコメント。

アセップ・クルニアワンは2002年から同社グループに在籍し、おもにコンテナ船やケミカルタンカーに乗務していたが、2008年からLNG船乗務を開始した。その後LNG船の航海士として経験を積み、現在タングーLNGプロジェクト に輸送サービスを提供するLNG船の船長として実職務に就いている。

同社は2008年のタングーLNGプロジェクトへの輸送サービス開始当初から、同プロジェクトへより質の高い船員の養成や雇用の創出に貢献することを目指し、インドネシア人船員育成を行ってきた。更には2014年に同プロジェクトのもとインドネシア国内の内航輸送を本格的に開始して以来、活況が見込まれる同国内のLNG輸送を見据え、長期的なインドネシア人船員育成の計画をたて、同国幹部船員の養成に注力してきた。

船員に対し国籍を問わず統一要件を設定した独自のプログラムでもある「NYKマリタイムカレッジ」を通じて、インドネシア人にもハイリスク船幹部登用を促進し、今回のLNG船でのインドネシア人船長誕生はこの取り組みの具体的成果。

今後も優秀なインドネシア人船員を養成し、タングーLNGプロジェクト、ひいてはインドネシアの海事産業の発展に貢献していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集