ウェザーニューズ/ゲリラ豪雨等の予測精度向上へ新型レーダー

2021年10月14日 

ウェザーニューズは10月14日、、高頻度観測小型気象レーダー「EAGLEレーダー」を千葉県内に設置し、レーダーの有効性を確認する実証実験を開始したと発表した。

<設置された「EAGLEレーダー」>
20211014wethernews 520x390 - ウェザーニューズ/ゲリラ豪雨等の予測精度向上へ新型レーダー

2022年6月にかけてレーダーの精度評価と最終調整などを行う。

ウェザーニューズで独自に開発した「EAGLEレーダー」は、小型の気象レーダーで、周囲360度を高速スキャンし雲の立体構造を高頻度で観測する。従来の「WITHレーダー」では3次元観測に5分を要するところ、このレーダーでは30秒で素早く観測できる点が特長。半径50km以内の積乱雲の発達状況をほぼリアルタイムに捉えられるため、ゲリラ豪雨や線状降水帯、大雪、突風、ヒョウなど、突発的かつ局地的に発生する気象現象をより正確に把握することができる。

ウェザーニューズの予報センターでこのレーダーを監視し、観測データを予報精度向上に活用する。また、道路の管理事業者における除雪作業判断の支援など新サービスも開発していく。さらに、2年以内に日本を含むアジアの計50か所に設置する計画をしており、グローバルにおける気象現象の監視体制を強化する。

また、従来の「WITHレーダー」と同様に雲の様子を3次元的に把握するだけでなく、実証実験と並行して、道路の管理事業者における除雪作業の判断支援や迂回ルートの推薦など、企業向けのサービスを開発していくとしている。

さらに、同社はこのレーダーの展開を進めるため、総務省と無線免許の新制度策定について検討している。新制度が実現すると、このレーダーの設置が加速するとともに、観測データの販売も可能となる見込みで、気象データを扱う企業や研究機関などが活用できることで、サービスへの利用や技術の発展に寄与できると考えている。

物流事業者も突発的・局地的な豪雨、豪雪、突風などによる冠水等の道路状況をいち早く確認することができるサービスとなる見込みだ。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集