日野自動車/ヨーロッパのデザイン賞で最優秀賞を受賞

2021年10月15日 

日野自動車は10月15日、電動モビリティの革新企業であるREE Automotive Ltd. (REE)とともに、European Product Design Award 2021の「Design for Society」部門において最優秀賞を受賞したと発表した。

<「Design for Society」>
20211015hino1 - 日野自動車/ヨーロッパのデザイン賞で最優秀賞を受賞

<コンセプトイメージ>
20211015hino 520x390 - 日野自動車/ヨーロッパのデザイン賞で最優秀賞を受賞

日野とREEは2021年4月に業務提携契約を結び、「次世代商用モビリティを通じた社会への新たな価値提供」というビジョンの実現に向けて協業を進めている。両社が共創するソリューションの基軸となる次世代商用モビリティの価値が評価され、このたびの受賞となった。

この次世代商用モビリティはモジュール構造となっており、REEのEVプラットフォームを採用した動力部分(シャシモジュール)と、人や物・サービスを運ぶ荷室空間(サービスモジュール)で構成されている。EVシャシは両社で共同開発し、主要コンポーネントを一つのシステムに統合しホイールとシャシの間に設置するREEcornerTMテクノロジーを活用する。低床・フラットで顧客のニーズにフレキシブルに対応し、自動運転にも対応する。

また、サービスモジュールは、シャシモジュールから簡単に脱着することができ、独立したユニットとして物やサービスを届ける一方、シャシモジュールは単独で稼働して他のサービスモジュールの動力として活用することができる。モビリティ起点のデータを組み合わせることで、MaaS (Mobility as a Service)やラストワンマイル物流での活用はもちろんのこと、このモジュール構造により全く新しい提案ができると考えている。この次世代商用モビリティを通じて、CO2排出量の削減、インフラへの負荷の最小化、交通渋滞の緩和、企業の経営資源の最適配分などにより、新たな社会的価値を提供し、世界中の人々の生活の質の向上に貢献するとしている。

日野の山口誠一チーフエンジニアは、「このような栄誉ある賞を、良きパートナーであるREEとともに受賞できることをうれしく思う。私たちは次世代商用モビリティを通じて社会に新たな価値を提供していく。このフラットなシャシと脱着可能なサービスモジュールによってサービスやコンテンツが移動を手に入れ、暮らしや街に新陳代謝を起こすことで人と地域が繋がり合い、嬉しさの循環を創造し、豊かで持続可能な社会の実現を目指す」と語っている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集