川崎汽船/船上CO2回収装置実証実験で排ガスからCO2分離・回収

2021年10月20日 

川崎汽船は10月20日、同社運航の東北電力向け石炭運搬船 「CORONA UTILITY」へ搭載したCO2回収小型デモプラントでこの船のエンジンの排ガスからCO2を分離・回収した結果、回収CO2純度が99.9%以上と計画通りの性能を達成したと発表した。

<CO2回収装置内の便乗技師と「CORONA UTILITY」乗組員>
20211020kline1 - 川崎汽船/船上CO2回収装置実証実験で排ガスからCO2分離・回収

<便乗技師による操作レクチャー>
20211020kline2 - 川崎汽船/船上CO2回収装置実証実験で排ガスからCO2分離・回収

同社は「海洋資源開発関連技術高度化研究開発事業」の対象プロジェクトとして、三菱造船ならびに日本海事協会と共同で「洋上におけるCO2回収装置の検証プロジェクト“CC-OCEAN”」を進めているが、その一環の取り組み。

プロジェクトは8月上旬、この船にCO2回収小型デモプラントを搭載後、三菱造船の専門技師が船に同乗し、同プラントの運転、メンテナンス、乗組員への機器の操作訓練に加え、排ガス及び分離・回収したCO2の計測・分析、評価などを行った。9月中旬からは乗組員が同プラントの運転、計測、及びメンテナンスを実施しており、引続き安全性、操作性の評価を蓄積していく事で、今後の商用実機へ向けての課題整理、研究開発に取り組んでいくとしている。

同社は「“K”LINE 環境ビジョン2050」に基づいて、今後も“CC-OCEAN”プロジェクトをはじめとした様々な環境保全技術を研究・開発・導入し、GHG削減目標の達成に向けて邁進していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集