ウェザーニューズ/高性能気象IoTセンサー「ソラテナ」新機能追加

2021年10月21日 

ウェザーニューズは10月21日、Society 5.0の実現に向けて、気象データと最新技術の活用によって企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、ビジネス課題を解決するWxTech(ウェザーテック)の一つとして法人向けに販売している、高性能気象IoTセンサー「ソラテナ」のサービスに新機能を追加したと発表した。

<専用ウェブサイトの各種表示>
20211021wether 520x206 - ウェザーニューズ/高性能気象IoTセンサー「ソラテナ」新機能追加

今回、専用ウェブサイトをバージョンアップし、日毎の観測データのグラフ表示やダウンロードに対応した。ソラテナ専用ウェブサイトでは、気温や風速など全8 要素の観測データを確認できる。外出先や農作業中でも、スマートフォンから最新データをチェックすることができる。また、PC から観測データをダウンロードし、気象との関係を分析することも可能。

これまでは、1分毎のデータのみ提供していたが、今回、日毎の観測データを追加した。具体的には、平均気温・最高気温・最低気温・平均湿度・最高湿度・最低湿度・平均風速・最大風速・24時間積算雨量・時間最大雨量・平均照度・最大照度について、日毎のグラフ表示や月別でのダウンロードが可能になった。数か月前の日最高・日最低気温も把握できるため、過去データの振り返りに便利。また、1km メッシュの細かさで設置場所周辺の天気予報も確認できるようになった。

今後は、屋外カメラを付属して監視できるサービスを追加するほか、設置企業専用で観測データを反映した高精度な天気予報を提供していくとしている。

なお、「ソラテナ」は、気温・風速・雨量など全8要素を1分毎に観測できる高性能な気象観測機で、小型で設置しやすく、電源を入れるだけで観測できる手軽さが特長。観測データは専用ウェブサイトからリアルタイムに確認したり、過去データを分析に活用することもできる。また、クラウド上に保存された観測データをAPI などで提供し、企業のシステムに組み込むことも可能。

「ソラテナ」は、2020年9月の販売開始から1年間で10以上の市場で導入された。活用方法は、農業では作物の生育管理に必要なピンポイントな畑の状況把握、高速道路ではドライバーへの路面凍結の注意喚起、ドローンでは宅配サービスの安全運航、再エネでは太陽光発電に必要な日射量の把握、音楽フェスではイベント運営の安全対策、高層マンションでは建物のメンテナンス、スマートシティでは熱中症対策を目的とした環境データの見える化など、様々な市場で導入が進んでいる。

■ソラテナ
https://wxtech.weathernews.com/soratena.html

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集