LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





川崎汽船/次世代型ポストパナマックスばら積み船3隻建造

2024年01月18日/IT・機器

PR記事

川崎汽船は1月18日、日本シップヤードと、同社が新規に次世代型環境対応船として開発・設計したポストパナマックスばら積み船3隻の建造契約を締結したと発表した。

新造船に採用する船型は、日本の石炭火力発電所向けの電力炭輸送に最適設計されたもので、幅広浅喫水のポストパナマックス“コロナシリーズ”を踏襲する92型(載貨重量トン:9万2000トン)の次世代船型となる。

2025年以降に建造契約を締結するばら積み貨物船(載貨重量2万トン以上)に適用されるEEDIのPhase3では、EEDI基準比で30%のCO2排出効率削減が要求されるところ、今回の新船型では低燃費化による環境負荷低減をさらに追求し、最新主機関、省エネ付加物の採用等を含む日本シップヤードの最適船型開発により、EEDI基準比で40%のCO2排出効率削減を達成する見込み。

また、環境負荷の低い舶用燃料であるメタノールへの転換を想定した「メタノールレディ」の概念設計が実施される。

■新造船の概要
全長:約229m
型幅:約38m
型深:約19.65m
満載喫水:約14.20m
載貨重量トン:約9万2000MT
ホールド/ハッチ数:7/7

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース