LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

横浜冷凍/9月期の売上高3.7%減、営業利益24.0%減

2021年11月12日/決算

横浜冷凍が11月12日に発表した2021年9月期決算によると、売上高1107億8200万円(前年同期比3.7%減)、営業利益25億6200万円(24.9%減)、経常利益27億6200万円(25.4%減)、親会社に帰属する当期利益36億500万円(54.0%増)となった。

セグメント別では、冷蔵倉庫事業の売上高は282億8100万円(0.7%減)、営業利益は59億7700万円(8.0%減)と減収減益だった。

コロナ禍のなか、前期は荷動きの停滞により在庫が増加したが、当期はその反動で荷主各社が在庫調整を行ったため、在庫量が減少した。また、海上コンテナ不足に起因する貨物の入庫遅れから、在庫量の回復に時間がかかり、利益を押し下げる要因となった。

タイの連結子会社THAI YOKOREI CO.,LTD.は主要品目である畜産品等の、コロナ禍によるメーカー工場のワーカー不足や在庫調整により在庫量が減少したため減収減益だった。

次期は、売上高1070億円、営業利益37億円、経常利益41億円、親会社に帰属する当期利益28億円を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース