アマゾン/受取ロッカーを23都道府県・計1800か所以上に拡大

2021年11月15日 
関連キーワード:

Amazonは11月15日、Amazonロッカーのネットワークを大幅に拡大し、東京、埼玉、千葉、大阪を含む全国23都道府県の計1800か所以上にロッカーを増設したと発表した。

Amazonロッカーは、Amazon.co.jpで購入した商品の受け取り場所として利用可能な設備。今回のネットワーク拡大によって、ロッカー設置の提携企業は約130に拡大した。

さらに、Amazonロッカーは今回のネットワーク拡大に加えて機能を追加・改善。新しいロッカーはさらにコンパクトになり、より狭いスペースに設置できるようになったほか、利用者がロッカーを開錠する際の手段として、従来のバーコード読みとりやタッチスクリーンに加え、新たにBluetoothを使った完全非接触での開錠が可能になった。さらに、アプリ上の案内も簡素化され、利用者が受け取り場所を見つけやすくなった。

アマゾンジャパン アマゾンロジスティクス ディレクターのアヴァニシュ ナライン シング氏は、「Amazonロッカーは、宅配便に代わる安全で便利な選択肢が欲しいという顧客の要望に応え、顧客により多くの選択肢を提供する。また、顧客に素晴らしいサービスを提供できるだけでなく、地域の企業と提携することで、ビジネスの拡大をサポートできることを嬉しく思っている。Amazonロッカーのネットワークを日本全国に拡大していく中で、より多くの日本企業と協働できることを楽しみにしている」と述べた。

Amazon.co.jpで顧客は、購入画面に進み、希望のロッカーもしくは店舗カウンターを配送先として選択することができる。このサービスは、コンビニエンスストアや駅、スーパーなど、顧客が日常的に利用する場所で商品を受け取れるようになっている。

Amazonから商品が発送され、ロッカーへ配達が完了すると、顧客に受け取り準備完了の通知メールが送信され、メールに記載されている受取バーコードをロッカーのスキャナーでスキャン、もしくは6桁の認証キーを入力するとロッカーが開き、商品を受け取ることができる。

Amazonロッカーへの配送は、Amazon.co.jpで販売されている数百万点の商品を対象としており、お急ぎ便または通常配送に対応。プライム会員であれば追加料金なしで利用できる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集