ラサール不動産投資顧問/兵庫県神戸市に4.9万m2の物流施設竣工

2021年11月24日 

ラサール不動産投資顧問は11月24日、兵庫県神戸市においてマルチテナント型物流施設「ロジポート神戸西」を11月19日に竣工したと発表した。

<外観写真>
20211124rassale1 520x347 - ラサール不動産投資顧問/兵庫県神戸市に4.9万m2の物流施設竣工

<倉庫部分>
20211124rassale2 520x352 - ラサール不動産投資顧問/兵庫県神戸市に4.9万m2の物流施設竣工

<建物空撮>
20211124rassale3 1 520x389 - ラサール不動産投資顧問/兵庫県神戸市に4.9万m2の物流施設竣工

<(左から2人目)神戸市 垣内正雄企画調整局 医療・新産業本部 新産業部長、(左から3人目)ニプロの村澤利春ロジスティクス管理部兼事業戦略室部長、(中央)ラサール不動産投資顧問 永井まり執行役員>
20211124rassale4 520x287 - ラサール不動産投資顧問/兵庫県神戸市に4.9万m2の物流施設竣工

同施設は竣工に先立ち、ニプロ、日立物流西日本の入居が決定している。賃貸面積の88%の賃貸借契約を締結済みであり、引き続き入居企業を募集している。

施設は4階建て、延床面積4万9973.10m2のマルチテナント型物流施設。兵庫県神戸市西区の「神戸複合産業団地(神戸テクノ・ロジスティックパーク)」内に立地し、24時間365日のオペレーションが可能。

また、神戸淡路鳴門自動車道、山陽自動車道「神戸西IC」にほど近く(約1.0km)、内陸にありながら神戸港、三宮へ30分、大阪中心部へ1時間と、関西商圏へのアクセスが良好な立地。加えて、京都方面へのアクセスは、山陽自動車道から新名神高速道路(神戸ジャンクション~高槻ジャンクション間)ルートと、中国自動車道、名神高速道路ルートの2ルートを選べる。これらの高速道路網に恵まれ広く西日本をカバーできるため、広域物流にも適している。

さらに、強固な地盤を有し、大地震・津波リスクを軽減できる立地でもあることから、BCP(事業継続計画)に優れたエリアだ。

機能面では、1階に高床・低床の両面トラックバース、2階に大型車両が直接乗り入れできるスロープを備えている。さらに、倉庫の梁下有効高さ5.5m以上(1階・4階は6.3m以上)を確保し、荷物用エレベーター、垂直搬送機をそれぞれ4基ずつ設置している。

防災面では共用部・荷物用エレベーター等の電力を72時間程度維持する非常用発電機を設置しています。また、倉庫内においてLED照明や人感センサー、節水型衛生器具を配置するなど、省エネ対策等、環境負荷低減にも配慮している。その結果、CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)の評価「Aランク」、およびBELS(建築物省エネルギー性能表示制度)で最高の5つ星とZEB Readyの評価認証を取得している。さらに、感染症対策として、光触媒除菌脱臭機を「ロジポート」ブランドとして初めて導入した。

<周辺地図>
20211124rassale5 - ラサール不動産投資顧問/兵庫県神戸市に4.9万m2の物流施設竣工

<広域地図>
20211124rassale6 - ラサール不動産投資顧問/兵庫県神戸市に4.9万m2の物流施設竣工

■施設概要
所在地:兵庫県神戸市西区見津が丘5丁目1番18他
敷地面積:2万3862. 83m2 (約7218坪)
延床面積:4万9973.10m2 (約15117坪)
所有者:神戸西プロパティー特定目的会社
構造:鉄骨造一部鉄筋コンクリート造、地上4階建
用途:マルチテナント型物流施設
着工:2020年10月16日
竣工:2021年11月19日
設計 ・ 監理:コンストラクションマネージメントジャパン
施工:大日本土木・加賀田組建設共同企業体
施主:神戸西プロパティー特定目的会社

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集