LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ナビタイム/トラックカーナビに自然災害時の防災機能を追加

2022年01月17日/IT・機器

ナビタイムジャパンは1月17日、トラック専用カーナビアプリ「トラックカーナビ」で大雨などの自然災害時の防災機能として「防災チェッカー」と「防災ガイダンス」等の機能を提供開始した。

「トラックカーナビ」では、ドライバーの安全や安定した輸送を確保できるよう、2021年9月1日に「地点の気象警報情報」と「トラック防災手帳」の提供を開始している。

今回、自然災害時の防災機能第2弾として、「防災チェッカー」と「防災ガイダンス」機能の提供を開始したほか、「地点の気象警報情報」に雨量と風速を値で表示する機能を追加した。

<「防災チェッカー」イメージ画面>
20220117navitime1 520x272 - ナビタイム/トラックカーナビに自然災害時の防災機能を追加

「防災チェッカー」では、ルート上で国土交通省通達の輸送の目安に当たる区間を、視覚的に表示する。

そのエリアに出ている雨量と風速の予測値、気象警報・注意報情報の発表時刻と詳細、通過予定時刻とともに、該当する異常気象時の措置の目安をテキストで表示する。

2019年1月に提供を開始した道幅・高さ・角度を自動計算し、通過に注意が必要なポイントを地図上に表示する「ルートチェッカー」機能を拡張したもので、ボタンを押して切り替えることが可能。これから走行するルート上に危険があるかどうかを知らせ、安全に走行可能かどうかを確認できる。

また、「防災ガイダンス」では、現在地から10km以内に異常気象時の措置の目安に当たる区間がある際、「およそ3km先、風雪注意報、大雪注意報が発表されています。フォグランプを点灯しましょう」などと音声ガイダンスで警告。発表されている気象警報・注意報とともに、すぐに停車できないケースも考慮し、停車するまでにできる対策も合わせて発話する。

<「地点の気象警報情報」への雨量と風速表示の追加>
20220117navitime2 520x272 - ナビタイム/トラックカーナビに自然災害時の防災機能を追加

「地点の気象警報情報」への雨量と風速表示の追加では、目的地や経由地の地点詳細情報で、「防災チェッカー」「防災ガイダンス」と同様に、雨量と風速の数値を追加表示する。

従来は、警報・注意報の種類と輸送の目安のみを表示していたが、具体的な数値も表示することで、感覚に頼るのではなく、輸送の目安にある基準値に照らし合わせて、輸送の判断が可能になる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース