LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

森永乳業/宮城県から大阪府へ常温輸送をモーダルシフト

2022年01月25日/生産

森永乳業は1月25日、2月開始を目標に、東北森永乳業仙台工場から大阪府の同社委託倉庫間の常温輸送で、トラック輸送から鉄道コンテナ輸送に変更すると発表した。

<モーダルシフトのフロー図>
20220125morinaga1 520x308 - 森永乳業/宮城県から大阪府へ常温輸送をモーダルシフト

東北森永乳業仙台工場から大阪府の同社委託倉庫間約900㎞の区間での常温輸送を、トラックから鉄道コンテナに変更し、変更前と比較してCO2排出量を84.2%削減し、年間排出量を65t抑制することを見込んでいる。

なお、2021年8月には、東京都の同社委託倉庫から福岡県の同社委託倉庫間約1100km区間の常温輸送で、トラックからトレーラーと船舶を利用した海上輸送に変更し、車両台数削減と船舶輸送によってCO2排出量を77%削減し、年間排出量を382t抑制した。

<クレートを段ボールに変更しCO2削減>
20220125morinaga2 520x190 - 森永乳業/宮城県から大阪府へ常温輸送をモーダルシフト

森永乳業ではこのほかにも、CO2排出量削減の取り組みを強化している。その一つが、2019年度に、主力商品のクレート(通い箱)をダンボールに変更して外装サイズを抑えることで物流用パレット1枚あたりに積載できる数量を39%増加させ、かつ空となったクレートの返却輸送を不要にしたことにより、CO2排出量を56%削減し、年間排出量を809t抑制した。

また、2021年度からは、出荷拠点の移管、配送コースの再編、配送車輛の大型化などにより輸送効率の向上を図り、CO2排出量の削減に取り組んでいる。さらに、「クラフトフレッシュモッツァレラ」や「森永はぐくみ(育児用ミルク)」など、18商品のパレット積み付けパターン変更により、パレット積載の効率化を進め、輸送車両台数を削減した。

森永乳業グループは、コーポレートスローガン「かがやく“笑顔”のために」のもと、森永乳業グループ10年ビジョンで「サステナブルな社会の実現に貢献し続ける企業へ」を打ち出している。また、2019年度より開始した3か年の中期経営計画では、経営理念実現に向けた“ESGを重視した経営”を掲げており、継続的な発展に繋げるサステナビリティ経営を推進しているとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

生産に関する最新ニュース

最新ニュース