LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

Mujin/ファンケルの新物流センターで知能ロボット4台稼働

2022年01月27日/IT・機器

Mujinは1月27日、ファンケルが⼤阪府⾨真市に新設した「ファンケル 関⻄物流センター」で2種類・計4台の知能ロボットを稼働させ、パレットからの荷卸しとピース品のコンテナ投⼊作業を⾃動化したと発表した。

<MujinRobot デパレタイザー>

入荷工程では、2台の「MujinRobot デパレタイザー」を⽤いてパレット上の段ボール・コンテナの荷下ろしを⾃動化した。

同物流センターでは段ボールとコンテナを取り扱っているが、一般的にロボットでそれらを取り扱う際はそれぞれ専⽤のハンドを使⽤する必要がある。

今回のケースでは、 到着したワークを3Dビジョンが認識し、装着されているハンドで取り扱いができないと判断した場合には別のハンドへ⾃動で切り替えを⾏うことで、本来なら2台必要なロボットを1台に集約し、スペースの縮⼩と設備費の削減を実現した。

<MujinRobot ピースピッカー>

また、集品⼯程では2台の「MujinRobot ピースピッカー」を用いて、箱型やパウチ商品などのピース品をピッキングし集品コンテナへ投⼊する⼯程を⾃動化した。

商品が取り出し元のコンテナの隅にある場合など、位置姿勢によってはロボットが商品を把持できない場合があり、⼀般的にそういった場合は一度⼯程を停⽌し、⼈の⼿で対応する必要がある。

「MujinRobot ピースピッカー」は、3Dビジョンで商品の位置姿勢を把握し、必要に応じて⾃動で専⽤のハンドに切り替えて対応することが可能で、ロボットが状況に応じて⾃律的に作業を継続できるようになっている。

また、同センターに導入した「MujinRobot ピースピッカー」では、縦⻑の箱など倒れる可能性が⾼い商品を集品コンテナ内に運ぶ際、横向きに寝かせて配置することで搬送中の転倒を防ぐ「寝かせ配置」機能や、従来⼈の⼿で取り除いていた商品の間に敷かれた「中敷きの除去」機能、納品された段ボールに詰まった商品を直接ロボットで集品コンテナへ投⼊する「納品段ボールからの直ピック」機能を搭載し、業務の自動化を実現している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース