LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

豊田自動織機/トヨタL&Fの物流自動化システムをZOZO採用

2022年01月31日/IT・機器

豊田自動織機は1月31日、トヨタL&Fカンパニーの吊り下げ式高速仕分けシステム「Pocket Sorter」が、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOに採用され、茨城県つくば市で2023年1月に竣工予定の物流拠点「ZOZOBASEつくば3」に納入されると発表した。

<吊り下げ式高速仕分けシステム Pocket Sorte(イメージ)>
20220131toyoda1 520x292 - 豊田自動織機/トヨタL&Fの物流自動化システムをZOZO採用

このシステムは、オランダ子会社Vanderlande社が開発したもので、最新の物流自動化システムとしてeコマース業界を中心に欧米で高い評価を得ており、今回が国内初採用となる。

近年、eコマース市場拡大に伴う配送商品の小口化・多様化などを背景に、より効率的なオペレーションが必要とされており、自動化ニーズが高まっている。特に、オーダーや配送先別などに商品を仕分けする工程の自動化は、円滑な物流オペレーションにおいて重要な要素となる。

今回採用されたPocket Sorterは、レールに吊り下げられたポケットに商品を投入するシンプルな構造で、衣類やアクセサリーなど、多種多様な荷姿をした商品の保管/仕分け/順立てを高能力かつ自動で行うことができるシステム。また、天井空間を利用するため、床面を他の作業エリアに有効活用するなど、スペース効率にも優れている。

ZOZOBASEつくば3は、最先端のシステムを備え、自動化を進化させた新たな物流の基幹拠点として構想する施設。このシステムの導入により、従来システムでの仕分けオペレーションに対して約50%の省人化を実現する。

今後、トヨタL&Fは、コスメティックや雑貨など、このシステムの導入に適した幅広い分野の顧客への販売も目指し、今後も物流の効率化に貢献していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース